子育てコラム

《大悲報》2歳8ヶ月になった息子、イヤイヤが悪化する一方だ。

こんにちは。みぞれです!

1歳8ヶ月頃からジワジワとはじまった息子のイヤイヤ期。

はじめは「これが噂に聞くイヤイヤ期か。なんだ、こんなもんか~かわいいな~」なんて思っていました。

まずは否定せずに受け止める、共感する、選択肢を与える、できる限り自分でやらせてあげる…ネットで書かれているようなあらゆる対策方法をひっさげてなんとか対応してきました。

そのうち落ち着いてくるだろう。

きっといまがピークだろう。

 

そう思っていたのに、なんということでしょう。どんどん手ごわくなってくる一方です。

 

息子は語彙の発達が早かったため、1歳半時点でかなりの意思疎通ができていました。

イヤイヤ期って言葉が未熟で何が嫌なのかを伝えられなくてなるもんだと思っていましたが、どうやらそうではないらしい。

イヤイヤ期というか、最近の息子には「わがまま」という言葉がぴったり。

 

朝起きてまず最初に「おやつたべるの!」と言い出す。

「朝ごはん食べたらにしようね!」というと癇癪。ヤダヤダヤダ!おやつたべるのぉ!

優しく諭そうが、朝食を大好きな納豆にしようが、代わりの提案をいくつかしようが、もうこうなると話を聞いていないのでなにしてもだめ。

 

お散歩に行っても、絶対に手を繋がない。どんどん勝手に走っていく息子。

0歳の娘を抱っこしているため全く追いつかないわたし。

「これはもう事故るのも時間の問題だわ…」

なんてことが頭をよぎり、もうこちらは半分諦め。

 

家にいれば下の子を叩いたり、ほっぺたつねったり、乗っかったり。

やっと自分で動き回れるようになった下の子を執拗にいじめる始末。

 

イヤイヤ期は自我の芽生え、大切な時期だというのはよーくわかるけれど、毎日毎日こんなんだと本当にお手上げ状態。

みぞれ
みぞれ
心がすり減る…

3歳は思考と言葉がきちんと結びついていない

息子のイヤイヤ期に関する積もり積もった悩みを、久々に子育て支援者さんに相談してみました。第三者に(しかもプロに)相談して、なるほどなと思うことが多々あったので備忘録として残しておきたいなと思います。

まずは、口が達者に見えても、色々考えながら話すのはこれからだということ。

そしてまだ2歳~3歳くらいのうちは、遊んでいたり何かを考えているときに大人に言葉をかけられても、返事をしようとすると思考が途切れてしまうらしい。

《わざと無視しているのではなく、集中しているからお話が出来ないだけ》

「わざと無視しているわけではない」これを聞いたとき、少し安心した気がします。

てっきり、悪知恵がついてわざと無視しているんだと思っていたから。

ただ本当に悪気はなく、キャパがいっぱいいっぱいで返事をしないだけだとわかったら、こちらももう少し良きタイミングを見計らって声を掛けようと反省しました。

みぞれ
みぞれ
改善点が見つかるだけで、心持が全然ちがいますよね

もう一つは、「本当に気持ちを言葉で表現できるようになるのは4歳以降」だそうです。

すっかりお喋りが上手で忘れがちだけど、息子は言葉を覚えてまだ1年目の超初心者。

ちゃんとお喋りしているようでも、基本は大人の真似をしたり、聞いたことを繰り返しているようなところが多いんだとか。

みぞれ
みぞれ
すっかり1人前だと思っていたけれど、まだまだ勉強中の息子を温かく見守れるような心の余裕を持ちたいなと思いました。

イヤイヤのスイッチを避ける工夫をする

「ココに行くと、お菓子が買ってもらえる」

「泣いて騒いだら買ってもらえる」

そういう間違ったことを一度学んでしまうと、それを正すのはなかなか至難。

みぞれ
みぞれ
特にこの2歳3歳頃は、言い聞かせてもほぼ無駄というか、そもそも話を聞かないというか…

そのため、イヤイヤスイッチの入る場所や物事を避けて通れるならば避ける、目に入れないのが一番いいかもしれません。

スーパーのお菓子コーナーでお菓子を買ってあげるまで騒ぐなら、そこを通らないとか、ドーナツ屋さんを見るとドーナツが食べたいと騒ぐとか、なにかしらのスイッチが原因になっている可能性があります。

避けられない場合は仕方がないけれど、避けられるようならばできるかぎり見せないようにすると、お互いにストレスが最小限になるのかなと思います。

また、子供は親の態度や声のトーンで本当にだめなのか、もう一押しでいけるのかを判断しているそうです。そのため、本当にダメな時には毅然とした態度をとるのも大切です。

外で癇癪を起したら抱きかかえてその場を去ったり、それができない場合は泣き疲れるまで見守り、泣き疲れたころにふと違ったことに意識をそらすようにするのもおすすめです。

みぞれ
みぞれ
事前に「今日は買わないよ」と約束して、その約束を親も一緒に守るようにする努力をする事も、この時期に身に着けたいですね。

自尊心を満たすため「2択を用意する」

ごはんやトイレ、決まっているお出かけの予定などでどうしても時間通りにやらなければいけない時ってありますよね。

そういうとき、

「ごはん食べる?」「おしっこでる?」「おでかけする?」

と聞くとほぼほぼ100%「食べない」「でない!」「いかない!」と言われます。

みぞれ
みぞれ
反対言葉!
むすこ
むすこ
イヤイヤ期だからね

そのため、やらなければいけないことに対しての選択肢は与えないほうがいいんだとか。

ごはんだよ!「ふりかけごはんにする?おにぎりにする?」

おでかけするよ!「くつしたはどっちにする?」「ベビーカーでいく?あんよする?」

のように可能な範囲の選択肢を与えることでも、子供は意見を聞いてもらえて自尊心が満たされた気持ちになるそうです。

みぞれ
みぞれ
こういう聞き方をすると、ついついどっちか答えてしまうらしい
夫
可愛いかよ

もちろん本人のリズムに合わせてあげることも大切ですが、決められた時間や大人の都合だって大切。

そういう時、こういったちょっとした声掛けの仕方でも変わってくるのかなと思います。

ときには割り切ることも大切

わたしももう散々あれこれ試しながら1年以上イヤイヤ期に翻弄されていますが、上手くいく日もあればなにをしても全くダメな日もあります。

最初の頃は言葉が伝わらない中でのイヤイヤ期だったのが、だんだん言葉も覚えて知恵をつけ、どんどん手ごわくなっている感じ。

いつまで続くんだろうな~と途方に暮れてしまいますが、よほど危ないことをしていたり、危ない場所でひっくり返って泣いたり、人に迷惑をかけていない限りは多少泣かせておいてもいいのかなとおもいます。

多少お菓子をボロボロこぼしても、まぁ掃除機かければいっか。

ジュースこぼしたら拭けばいいや、一緒に拭こう。

電車、30分くらい見たら気が済むかな。

時間に余裕がある時には、できる限り子供のやりたいことを優先して、子供の「やりたい」という気持ちを応援してあげようと思います。

みぞれ
みぞれ
イヤイヤを発動させない工夫と、時には諦める気持ちを胸に、これからも続くであろうイヤイヤ期を戦おうと思っています。

我が家は2歳差なので、息子のイヤイヤ期が終わったころ続けて娘のイヤイヤ期が始まる感じでしょうか…(遠い目)

ABOUT ME
みぞれ
2歳の息子と0歳の娘を育てています。 美容師をしていましたが、出産を機に専業主婦に。 子供が小さいので常に余裕がなく、いかにして家事の手を抜くかが課題。 産後ダイエットもぼちぼちはじめました。