子連れでおでかけ

【神奈川】子連れでいちご狩りが楽しめる!海老名「ストロベリーハウス」に行ってみた

こんにちは。カリスマずぼら主婦のhanacoです!

先日、1歳5ヵ月になった息子を連れて初めてのいちご狩りに行ってきました。

わたし自身はこれまでに山梨や千葉などいろんな場所でいちご狩りをしてきましたが、今回は1歳の子連れということもあり「なるべく近場で」「事前予約なしOK」という条件で探したところ見つけた

神奈川県海老名市の「ストロベリーハウス」さんに行ってみました♪

hanaco
hanaco
遊び場があったり、おむつ替えシートも完備など驚くほど子供連れに優しいいちご農園さんで、息子も大喜びでした!

「神奈川県内で子供と一緒にいちご狩りをしたい!」という方はぜひ参考にしてみてください

1月~6月中旬までいちご狩りを楽しめる!

「ストロベリーハウス」では、基本的には1月~6月中旬までの期間中の土・日・祝日にいちご狩りを楽しむことができます。

いちごの生育状況により期間が変更になることもあるそうなので、そういった情報は事前に公式ツイッターでチェックしておくのがおススメです◎

 

ハウス内は全面が高設栽培なので衛生面でも安心◎

最近はこのような高設栽培のいちごハウスが主流になりつつあるようですが、わたしはこのタイプは初めてでした!

地面の土に植わっている苗からいちごを摘むスタイルに比べると地面にいちごが直接触れることもなく衛生的ですし、子供の立った時の目線と近い位置にいちごがなっているので選んだり摘んだりもしやすいなと感じました◎

hanaco
hanaco
突然土遊びがはじまったり、転んで泥んこになる心配もなかったのがすごくよかったです

また、車いすやベビーカーでも入場ができるそうです。

これは高設栽培ならではですね…!

5種類のいちごの食べ比べが楽しめる!

ストロベリーハウスで栽培されているいちごは以下の4種類です。

・あきひめ

・紅ほっぺ

・おいCベリー

・よつぼし

・やよいひめ

メインはあきひめと紅ほっぺの2種類で、他の品種よりも多く実っていました。

1月11日に訪れたのですが、おいCベリーは人気なのか時期が早いのか、まだ食べごろの実がなかったので食べられませんでした…残念!

ですが、メインでたくさんの実をつけていた「あきひめ」が、それはもうとっても柔らかく、夫婦そろって驚きました。

hanaco
hanaco
取ろうとすると、ちょっと身がつぶれてしまうくらい!

息子に普段イチゴを与えるときには半分にカットしてあげていますが、このあきひめはヘタさえ取ってしまえば1粒丸ごと渡しても上手に食べられるほど!(あまり噛まなくても吸って食べられるくらい!)

hanaco
hanaco
本当に今までに食べたいちごで一番柔らかかったです。息子が喜んでむしゃむしゃ食べていたので行った甲斐がありました
息子
息子
10個くらい食べたよ!

キッズスペース&おむつ替え台完備!

一番驚いたのが、とっても立派なキッズスペースが用意されていたことです。

可愛いお家の遊具と、おままごとセットや滑り台、絵本やブロックなど、帰りたくなくなるくらいにおもちゃが充実しています◎

キッズスペース横にはベンチやテーブルもあるので、保護者はそこで座って見守ることができるのもとっても助かります!

いちご狩りだけでなく、一通り遊ばせることができるいちご農園さんは珍しいんじゃないでしょうか。実際に子供連れのお客さんがほとんどでした!

キッズスペースの隅にはおむつを替えられるスペースもあります。

パーテーションの仕切りだけなので冬は寒いですが、いざというときに安心です。オムツのごみは各自で持ち帰りましょう!

事前予約は不可。当日朝7:30から先着受付

ストロベリーハウスでは事前の予約は受付をしていません。

当日朝7:30より現地で受付開始、定員に達した時点で受け付け終了というシステムです。

この日は3連休ということもあり普段よりも少ない定員ということでしたが、7:40頃到着したところすでに13組目でした!大人気!

hanaco
hanaco
混雑状況によっては開園前に定員に達してしまうこともあるそうで、前の週は冬休み中だったこともありなんと7:45には受付終了していたとのこと。

受付は早めにしておくのが安心ですが、いちご狩りスタートは10:00なので9:45にまた同じ場所に集合するようにと言われて少し時間があいてしまいます。

その間の2時間を過ごせるような場所が周りにあまりないので(しかも早朝なので行くところが限られる)受付をした後に近くのファミレスでのんびり朝ごはんを食べたりするといいのかなと思います。

ちなみにバトミントンのラケットとシャトル、なわとびなんかも貸し出しをしていたので、小学生くらいの子供連れの場合は体を動かしてお腹を空かせながら待つのもおススメです。笑

9:45~みんなで説明を聞いて、10:00一斉にスタート

事前に当日の受付を済ませた人たちが、9時半ごろになるとわらわらと集まってきます。

9:45にみんなで揃ってスタッフさんにいちごの取り方や注意事項などの説明を聞き、そのあと10:00に一斉にハウスに入場します。

hanaco
hanaco
食べ放題は30分間。練乳は2、3回程度おかわり自由とのことでした!(嬉しい)

説明を聞いているときはあまりの人の多さにビックリしましたが、ハウス内はかなり広々としていたので窮屈さは感じませんでした!

1歳の息子もテンションが上がってウロウロしていましたが全く問題なく過ごせました◎

30分間、大人だけで集中して食べればお腹いっぱいになると思うのですが、子供にいちごを与えながら世話をしながらの30分間はあっという間でした!

食べすぎて気持ち悪くなったりせずに「もっと食べられたな~」くらいの、おいしかったね!って言いながら帰れるくらいのタイミングで終了したので逆に良かったのかもしれません。

お手洗いも広くて綺麗!

お手洗いは屋外に設置されているのですが、家の中のトイレみたいに綺麗でした!

オムツ外れ、トイトレ後のキッズも安心して入れるようなきれいなトイレなので、保護者も安心です◎

1歳半でもめちゃくちゃ楽しめた!また来たい農園さん

入園料金は期間によって変わるので、HPで確認してみてくださいね⇩

「ストロベリーハウス」公式HP

hanaco
hanaco
2歳から幼児料金が発生しますが、息子は2歳未満だったので無料でした◎

地方のいちご狩りに比べると数百円ほど高いかな~とも思いましたが、高速代やガソリン代、移動の時間などを考えるとやはり神奈川県内でいちご狩りができるのはとっても魅力的に感じました!

ぜひまた子供を連れて訪れたいと思えるいちご農園さんでした◎

 

 

あわせて読みたい