子育てコラム

食育につながる!「たべものの絵本」0・1・2歳~年齢別おすすめ~

こんにちは。カリスマずぼら主婦のhanacoです!

離乳食期~幼児食期、手掴み食べや好き嫌いなど、子供の「食」のことに関してはなかなか心配事が多い時期ですよね。

わたしもズボラとはいいながらも「子供の食」に関してはなかなか割り切れず、子供がごはんを食べてくれずに悩んだり苦労することが多くありました。(むしろ悩みのほとんどがこれでした)

調理方や献立、食べさせ方などあれこれ試してきましたが、結局息子の場合は食事の時に「気持ちを盛り上げてあげる」ことが一番効果がありました。笑

そんな「子供の気持ちを盛り上げる」ための方法のひとつが絵本でした。絵本をきっかけに

「食べることって楽しい!」「この食べ物、知ってるぞ!」「あの絵本と一緒だ!」

と、息子の食事へのモチベーションをアップさせるのに一役も二役も買ってくれた、おすすめの絵本を年齢別に紹介していきたいと思います♪

hanaco
hanaco
食べない我が子に悩むパパさんママさんや、お友達への絵本のプレゼントの参考になれば嬉しいです◎

0歳児向けの「たべもの」絵本

「やさい くだもの」(ダイソー)

税込み110円とは思えないハイクオリティのダイソーの「あかちゃんえほん」シリーズ④「やさいくだもの」は、目を引くカラフルな色づかいとシンプルで可愛いイラストが赤ちゃんにもわかりやすくなっています。

離乳食でもおなじみで、比較的早い段階で与えることの多い かぼちゃ、りんご、きゅうり、いちご、ぶどう、じゃがいも、なす、バナナなどの食べ物が登場するのも嬉しいポイント!

「さくさくりんご」「ごつごつかぼちゃ」のようにリズムのいい言葉も赤ちゃんが聞きやすいので、小さいうちから楽しめる一冊だと思います。

hanaco
hanaco
ボードブックなのでしっかりしていて破れにくく、おでかけの時に持ち歩くにもちょうどいいサイズです◎

 「はらぺこあおむし」(エリックカール)

息子には0歳児から読み聞かせていた「はらぺこあおむし」。いわずと知れた名作ですね!

可愛いアオムシがお腹を空かせていろんなものを食べて、成長して蝶になる。シンプルでわかりやすく、食べることの大切さが伝わる絵本です。

カラフルではっきりとした色遣いは赤ちゃんにも認識しやすいので0歳のおススメにしましたが、内容的にも1歳、2歳、3歳になってもずっと読み続けられる絵本です。ボードブックなので分厚く、破けにくいのも嬉しいですね♪

hanaco
hanaco
最近ははらぺこあおむしのおもちゃや育児グッズもたくさんあるので、ぜひ押さえておきたい絵本のひとつです

 

「やさいさん」(tupera tupera)

畑にやってきました。「やさいさん やさいさん だあれ??」「すっぽーん!」

と、縦に広がる仕掛けをめくるとにんじんやじゃがいも、ごぼうなどの「やさいさん」が土から飛び出す楽しい絵本です。

すっぽーんと登場するやさいさんのダイナミックな描写と、繰り返しのかくれんぼ遊びを通して野菜への親しみが沸くので、野菜好きになるきっかけになるかも…?

hanaco
hanaco
息子には食卓に登場した野菜を、絵本になぞらえて「にんじんさんだよ~」「長いごぼうさんだよ~」と説明するとよく食べてくれます。

「おべんとうバス」(真珠まりこ)

おべんとうのおかずのハンバーグくんやエビフライちゃん、おにぎりさんたちがバスに乗っていく簡単なストーリーになっています。

バスが題材ですが、食育にもつながる内容なので乗り物好きの子には特におススメです。

hanaco
hanaco
「ブロッコリーくん!」「はーい!」というお返事の練習にもなりますし、絵本の真似をして「はーい」とお返事をしながらお口に運べばパクっと食べてくれるかも!

「しろくまちゃんのホットケーキ」(わかやまけん)

誕生から40年以上も愛され続けるロングセラー絵本。かわいいしろくまちゃんがホットケーキを作って、おともだちと一緒に食べるお話です。

まるくてフワフワのホットケーキを作るしろくまちゃんの姿や、ホットケーキが焼けていく過程の「ぽたあん」「どろどろ」「ぴちぴち」「ぷつぷつ」の擬音も子供は大喜び。

hanaco
hanaco
息子はこの絵本を読んだ後にホットケーキデビューをしましたが、すっかりホットケーキが大好きになり、1歳7ヵ月現在、この絵本を読むたびに「おいしそぉ~」と言っています。笑

ホットケーキって、バナナを入れたり、すりおろしたにんじん、かぼちゃフレーク、ほうれん草なんかを混ぜたりしてかなりアレンジが効くので、好きになってくれると助かりますよね!

「くだもの」(平山和子)

とにかく絵がリアルで、ほんものの果物のようなみずみずしさ!

最初は子供よりも大人が好きな絵本だな~と思いましたが、1歳半頃からは息子もこの絵本の楽しさに気づき始めたようです。笑

りんごやスイカ、もも、ぶどうなど子供の大好きな果物を、まるごとの状態と、カットされたり食べる直前の状態の両方で描いているのも食育的にはポイントが高いなと思いました。

hanaco
hanaco
大人にとっては当たり前でも、よく考えたら子供にとってはスーパーに売っている果物の丸ごとの状態と、皮をむいてお皿に乗った状態って全然違いますよね

2歳児向けの「たべもの」絵本

「サンドイッチ サンドイッチ」(小西英子)

パンにバターを塗って、しゃきしゃきレタス、真っ赤なトマト、大きなチーズをどんどん乗せてサンドイッチを作る気分を味わえる絵本です。

絵がリアルで、パンはふわふわ、野菜はみずみずしく、本当にサンドイッチが食べたくなります。

hanaco
hanaco
リズムもいいので、子供と一緒にサンドイッチに野菜を乗せる真似をしながら楽しく読めますよ◎

「いろいろごはん」(山岡ひかる)

同じ「ごはん」がいろんなお料理に変身することで、調理の過程にも興味を示すきっかけになるかもしれません。

hanaco
hanaco
「はっふはふ」「ほっこほこ」というフレーズで、思わずお腹が空いちゃいます

「パンどうぞ」(彦坂有紀)

思わず手を伸ばしたくなるような、ふわふわでふっかふかのパンが出てくる絵本です。

木版画という手法で描かれたパンたちは、温かみがありながらもとてもリアルで、なんだかパンの香りまでしてきそう…!ロールパン、ジャムパン、クリームパン、カレーパンなどたくさんの美味しそうなパンが「どうぞ」と登場します。

hanaco
hanaco
子供と一緒にパン屋さんに行きたくなること間違いなし…!

 

「食」への興味、関心を引き出すきっかけに、絵本を!

幼児期はどうしても好き嫌いや偏食、食に興味がないなどの悩みがつきものですが、子供の大好きな絵本をきっかけに少しでも「食べる」ということに興味や関心を持ってもらえるといいですよね!

繰り返し読み聞かせをすることで、いざ食事の時間に「あの絵本でみたね!」「一緒だね!」とお話しながら子供との食事の時間が少しでも楽しくなったらいいなと思います◎

 

あわせて読みたい