子育て便利グッズ

2歳差育児、いつ楽になる?大変さのピークは0歳2歳だった気がする我が家の話

こんにちは。みぞれです!

「2歳差育児大変」「2歳差育児いつ楽になる」

そんなタイトルを付けた下書きをたくさん残しながら、なかなか書き上げることができずにいました。いまだに娘は一晩2回は夜泣きをするし、ママの手を握っていないと寝てくれないほどべったり。

甘えん坊で泣き声ヒステリックな1歳半の娘と、妹に負けじと赤ちゃんぶったり、そうかと思えばなんでも自分でやりたい「自分で星人」の一面も持つ複雑な3歳5ヶ月の息子。

そんな2人を、保育園も一時保育も一度も利用せず、ヒィヒィいいながら自宅保育しています。

一時保育、利用すればいいのに…と自分でも思うのですが、人に預けるハードルが高く、なんやかんやここまできてしまいました。

最近の我が家の様子

最近の2人は、同じおもちゃを取りあう喧嘩が増えました。下の子は上の子と同じことをしたがるし、上の子は下の子が持っているおもちゃを平気で横取りします。

たま~に仲良く一緒に遊んでいる様子を見るとそれはそれは可愛くて、あぁなんて幸せな空間…!と思ったりもするのですが平和な時間は長くは続きません。

みぞれ
みぞれ
一日の半分はどちらかもしくは2人とも泣いている気がします。

今一番大変なのは、息子の「自分で!」ブーム。

ごはんをよそうのも、お箸を出すのも、お茶を注ぐのも、なんでも自分でやりたいのはわかるのですが、うっかりわたしがやってしまうと癇癪を起すので地雷だらけ。

コップに注いだお茶を一旦戻して、やり直す徹底ぶり。これ3歳児あるあるなのかな…?

あとは「ふりかけごはんしか食べたくない!」と泣く息子とそれを真似して同じように要求してくる娘。

余裕のない時には多少イライラしますが、それでも2歳差育児の壁の一番の山は越えたのではないかなと思っています。

2歳差育児で一番大変だったのは2歳&0歳期

わたしの主観ですが、ここまでの1年半で一番大変だったのは息子2歳9ヵ月、娘11ヵ月の頃だったかなとおもいます。

娘0歳の頃にわたしが書いた記事を振り返ってみましたが、かなり病んでおります。(いま思えばそんなこともあったな…)

2歳差育児の大変さの正体を吐き出そうと思って、一生懸命言葉にしてみた子供たちは2人ともとてつもなく可愛くて、2歳はおしゃべりが上手になっていろんなお話をしてくれたり、0歳なんてぽやぽやムチムチでそこにいる...

その頃は常に下の子を抱っこやおんぶで移動していたし、そのせいで上の子が嫉妬・赤ちゃん返りしてちょっと手に負えないレベルでした。

正直この頃の記憶ほとんどありません。おそらく心身ともにギリギリでした…!

この少し後になりますが、甘えん坊2人が出先で同時に「ママママ~!」と抱っこを要求し、それに答えた結果人生初のぎっくり腰をやってしまったこともありました。

みぞれ
みぞれ
辛かった…

それもあり、我が家では現在進行形で2人乗りベビーカーが大活躍しています。

上の子が歩くのが好きならば必要ないと思うのですが、ベビーカーが大好きとか、すぐに抱っこをせがむ子の場合は一刻も早く、2人乗りベビーカーの検討をおすすめします!

そんな息子も来月ついに幼稚園に入園します!

永遠に感じるような日々をなんとかかんとかこなしてきたわたしですが、気づけば来月からは息子が幼稚園に入園。年少さんになります。

暇を持て余して平日昼間にのんびりふらふら出歩いていたこの日々に終わりが来るなんて。

実感があるようなないような。「はやく幼稚園いってきなよ~」なんて思っていたのに、いざそれを目の前にすると寂しい!

朝から晩までずーっとべったり一緒にいられたこの時間の尊さを思い知りました。

2歳差育児・完全自宅保育は本当にてんてこ舞いで、髪はぼさぼさ肌はカサカサで家は常に散らかっていますが、それでも今は「子供と過ごす時間を最優先にしてきてよかった」と思っています。

毎日全力で子供達と向き合ってきた時間はきっとこれからの人生の中でも一番の幸せな思い出になるんだろうな。

今後また違った大変さを経験していくのだとは思うけど、きっと0歳2歳のあの頃は大変さのピークだったに違いない。そうであれ!

 

ABOUT ME
みぞれ
3歳の息子と1歳の娘を育てています。 美容師をしていましたが、出産を機に専業主婦に。 子供が小さいので常に余裕がなく、いかにして家事の手を抜くかが課題。 産後ダイエットもぼちぼちと…!