子育て便利グッズ

赤ちゃんのお肌に安心して使える、おすすめのベビーソープはどれ?選び方のポイントは?

こんにちは。hanacoです。

赤ちゃんのお風呂には欠かせない「ベビーソープ」。

今回は、デリケートな赤ちゃんのお肌に使うベビーソープの選び方のポイントと、おすすめのベビーソープをまとめてみました!

小さな赤ちゃんのママさんはもちろん、これから赤ちゃんを迎える準備中のママさんもぜひ参考にしてみてください◎

そもそもベビーソープって必要?

赤ちゃんは汗っかきで、実に大人の2倍の汗をかきます

特に生後2ヵ月までの赤ちゃんは皮脂の分泌も多く、「乳児湿疹」「新生児ニキビ」ができやすい時期でもあります。

赤ちゃんのお肌への刺激が心配だからと言ってお湯だけで済ませようとすると、汚れが落としきれずにかえってお肌トラブルの原因になってしまうことも。

しかしデリケートな赤ちゃんのお肌ですから、洗浄成分が強すぎたり、香料を含んだ大人と同じボディソープで洗浄することはお肌にとって刺激となってしまいます。最低でも3歳ごろまでは低刺激で無添加のベビーソープを使ってあげると安心です。

泡タイプと固形タイプ、どちらを選ぶ?

ベビーソープは大きく分けて「泡タイプ」「液体タイプ」「固形石鹸タイプ」があります。

この3つのなかでわたしがおススメしたいのは「泡タイプ」。理由は沐浴や、赤ちゃんと一緒のお風呂ではしっかりと泡立ててる暇がないからです

hanaco
hanaco
ほんとうにちょっとの時間が惜しいほどバタバタなんです。

沐浴の時は、片手で赤ちゃんを支えながら片手で洗いますから泡立てるのは難しいですし、少し大きくなっても片手で抱っこや支えてあげる必要のある赤ちゃんとのお風呂ではワンプッシュで泡になってでてくるタイプのベビーソープのほうが圧倒的にラクです!

hanaco
hanaco
ベビーソープを切らしてしまった時に何度か牛乳石鹸で洗ってあげたこともありますが、やはりバタバタしてしまって十分に泡立てる前に洗うことになりました…

泡で洗うことの大切さ

赤ちゃんのお肌は薄く、表面は大人の半分の薄さしかありません。

そんなデリケートな赤ちゃんのお肌を洗うときはガーゼなどをつかうとお肌を傷つけてしまうため、手を使ってたっぷりの泡で洗ってあげましょう。

hanaco
hanaco
汚れを一生懸命に落とそうとして擦ったりせずに、泡でなでるように優しく洗ってあげましょう。

しっかりとした泡で洗うことで泡がクッションになり摩擦を最低限にすることができます

おすすめの泡タイプのベビーソープ

しっかり洗えてしっとりする キューピー ベビーソープ

 

あの牛乳石鹸からでているということもあり使いはじめましたが、軽い使い心地と洗いあがりのしっとり感がよくてずっと使っています。

頭も体も、全身洗えます。目に沁みにくいので、お顔も嫌がらずに洗わせてくれます◎

洗浄力もある優しい arau.全身泡ソープ

 

植物性の石鹸成分のなめらかな泡で汚れを吸着。やさしく洗えるアラウベビーソープ。保湿効果のあるシソ葉エキス&ローズマリー葉エキスを配合しているので洗いあがりはしっとり!無添加で安心して使うことができます。


まとめ

今回は泡タイプのベビーソープを中心におすすめしましたが、固形タイプや液体タイプのメリットもそれぞれあります。またそちらも別記事で紹介出来たらなと思っています。

どのタイプが使いやすいか、赤ちゃんの肌に合うか、使い心地や相性に関しては好みもありますし、実際に使ってみないとわからない部分も大きいとは思います。

今回はわたしが個人的におすすめなものをご紹介しました。ぜひベビーソープ選びの参考にしていただけたらなと思います。

赤ちゃんとのバスタイムは、スキンシップのチャンスでもありますよ!

ぜひ楽しみながら素敵な過ごせますように◎

 

保湿成分が洗い流されないボディソープ【hadakara(ハダカラ)】を赤ちゃんに使うのは危険!?こんにちは。カリスマずぼら主婦のhanacoです。 先日実家に泊まった時に、最近CMでもよく目にするボディソープ「hadakara...
あわせて読みたい