離乳食・幼児食とおやつ

離乳食のとろみづけには【とろみちゃん】が便利!とろみがつかない?使い方のコツまとめ

こんにちは、カリスマずぼら主婦のhanacoです。

離乳食の成功のカギを握っているといっても過言ではないのが「とろみづけ」

初期のゴックン期はもちろん、徐々につぶの大きいものを与えていくモグモグ期は「とろみ」のないものは食べづらいようで、息子も時々口の中に指をつっこんだりしてイマイチな顔をします。

hanaco
hanaco
しかしながらとろみづけってメンドクサイ!

ちょこっとの離乳食に対して、ちょこっとの片栗粉をちょこっとのお水で溶く煩わしさ…

そんなときに彗星のごとく現れた救世主がとろみちゃん!この「とろみちゃん」のいいところ、実際に使った感想や使い方のコツなどをご紹介します!

 

とろみちゃんってなに?

とろみちゃんは、

水に溶かさずに使える、ふりかけタイプの片栗粉!

溶かさなくていいんです!そのままフリフリいれるだけ。

水溶きがめんどくさすぎて、普通の片栗粉をふりかけたことがありますが、もちろんダマになりました。でも、とろみちゃんなら大丈夫!そのままいれてもダマになりません!

しかも顆粒になっているので飛び散りません。

 

どうして水に溶かさなくていいの?

秘密は、顆粒になっているから!

とろみちゃんの顆粒

 

通常は微粒子であるために水に溶かすのが大変だった片栗粉の欠点を、顆粒にすることで水に溶けやすくしたものがとろみちゃん

水にすっと溶けて、スムーズなとろみ付けをすることができます。

離乳食にも安心の添加物不使用

顆粒にする際、添加物などをつかっていません。そして北海道産の馬鈴薯でん粉を使用、もちろん遺伝子組み換えではありません。

そのため、赤ちゃんからお年寄りまで安心してつかえます!

とろみがつかない?コツはこれ!

「うまくとろみがつかないよ!」「サラサラのまま・・・」

という口コミがちらほらありますが、正しく使えばそんなはずがありません。ちゃんとトロミはつきますよ!

上手くいかないという方は以下の点を見直してみてください

①しっかりと水分のあるものに使用する

②高温ではすぐに固まってしまうので、火にかけたまま加えない

③↑と同様の理由で、素早くかき混ぜながら加える

④通常の片栗粉を使う感覚よりも気持ち多めに使用する

⑤とろみちゃんを加えた後に加熱する(高温で固まるため)

これさえ守れば、しっかりとろみがつきますよ!

弱点としては顆粒が大き目なので、高温のまま加えるとダマになりやすいので注意しましょう。65℃前後で固まり始めます。

また、水溶き片栗粉を使用する際の片栗粉の量よりも気持ち多めに加えるとしっかりとろみがつきます。

hanaco
hanaco
様子を見ながらちょっとずつ足すと失敗しにくいですよ◎

まとめ

とろみちゃん、本当に便利なんです。

1本あれば離乳食にも大人のごはんにももちろん使えますし、時短&水溶き用のカップの洗い物が減るのでストレスが減ります。片栗粉がぼふっと飛び散るイライラからも解放されました…!

離乳食づくりをはじめてから知ったけれど、もっと早くから使っていたかった…

 

とろみちゃんは、おうちコープでも買えますし、スーパーにも普通に売っていました!

ネットでも購入できますので、ぜひぜひお試しください。リピート間違いなしですよ~

 

そしてとろみちゃんに似た商品も発見しました!「とろみちゃん」と「とろりんぱっ」の比較記事はこちら⇩

離乳食のとろみづけ便利アイテム「とろみちゃん」VS「とろりんぱっ」比較してみたこんにちは。カリスマずぼら主婦のhanacoです。 先日、我が家の離乳食マストアイテム「とろみちゃん」を切らしてしまい、夫におつか...
あわせて読みたい