子育て便利グッズ

授乳室もおむつ替えも検索!お出かけの心配事は【ママパパマップ】で外出がぐんと楽になる!

こんにちは。みぞれです。

今回は、便利グッズではなく便利アプリを紹介します!

リアルにわたしも使っているめちゃくちゃ便利なアプリで、子供のいる友人にもよくおすすめしているアプリが【ママパパマップ】

みぞれ
みぞれ
場所を指定して、おむつ交換台や授乳室の検索ができるすんばらしいアプリなんです!

赤ちゃんと一緒のお出かけは心配事がたくさん

みぞれ
みぞれ
授乳期の赤ちゃんや、おむつをしている子供とのお出かけのときって色々な心配事がありますよね。

「一番近い授乳室はどこにあるかな」

「おむつ替えできるところはあるかな」

この2つを常に考えながら行動しているママさんが多いのではないでしょうか。わたしもそうです。初めて行く場所なんかは特に、授乳室の有無、オムツを替える場所が気になって仕方がない!

そんな心配をしていると、初めての場所に行くことが億劫になってしまいいつも同じ場所に…

そんなときに、指定した場所の授乳室やおむつ交換台の情報が検索できるアプリが「ママパパマップ」なんです。

みぞれ
みぞれ
これが便利なんだ…!

授乳室の有無だけでなく、お湯の有無までわかる

位置検索や、施設名、エリアなどで検索すると、授乳室やおむつ交換台のある場所がわかりやすいアイコンで地図上に表示されます。

この吹き出しアイコンが

緑色⇒授乳室(おむつ交換台)青色⇒おむつ交換台

になっています。アイコンが大きいほど、口コミが多い(つまり使っている人が多い)ポイントなのがわかります。

このアイコンを一つタップしてみると

このように、詳細な情報が確認できます。内容としては

◎授乳室数

◎おむつ台数

◎調乳用のお湯の有無

◎女性限定か男性の利用が可能か(個室以外)

◎ベビーカーの貸し出し

◎ベビーチェアの有無

◎キッズスペース(遊び場)の有無

◎電子レンジの有無

◎シンク・洗面台の有無

◎おむつ用ゴミ箱の有無

◎広々スペースかどうか

◎自販機の有無

◎身長体重計の有無

◎使った人の口コミ

こんなにたくさんの情報が見られるんです!

完母のママはもちろん、ミルクをあげているママやパパにとって気になる調乳用のお湯の有無なんかも確認できるので、お出かけがとっても楽になります。

みぞれ
みぞれ
離乳食を温める電子レンジの場所なども見ることができるので、大活躍間違いなし。

写真と口コミで、初めての場所も安心

初めて行く場所の、初めての授乳室ってちょっと緊張しますよね。

でも、あらかじめママパパマップで検索しておけば、写真や口コミで雰囲気まで確認することができるので安心して利用できます。

口コミは高評価&低評価のグラフとコメントの両方があるので、近くに複数の授乳室があった場合はどちらに行くか選ぶ基準としてかなり参考になりますよ!

 

オプション検索で、用途に合わせた検索も!

たとえば、「身長計や体重計がある施設」「キッズスペースがある施設」

などのオプションで施設を検索することもできるので、

我が子がどれくらい大きくなったかな~って気になったときや、ちょこっと遊ばせられる場所あるかな~とフラッと立ち寄れるスポットを発見できます。

「電子レンジがある施設」で検索すれば、離乳食の温めにも困りません!

 

まとめ

筆者が世の中のすべてのママさんパパさんに知ってほしいと思っている便利アプリ。本当にかゆいところに手が届く神アプリです。

このアプリを使うようになってから、新しい場所へのお出かけのハードルがぐっと下がりました。子供が寝ている間に、次の休日に行きたいところの近くの授乳室を検索したり、身長体重を計れる場所を探したりと活用しまくっています。

子育て中のママさんはもちろん、これからママになるプレママさんやパパさん、お孫さんのいるじぃじ&ばぁばもこのアプリをダウンロードしておくといざというときに役に立ちますよ~!

ちなみに、このアプリはこんなに便利なのに無料なのでぜひお試しください!

 

【ママパパマップ】iphoneはこちらから

【ママパパマップ】Androidはこちらから

 

↓ママパパマップは、WEBサイト版もあるのでぜひチェックしてみてくださいね!

赤ちゃんのための授乳室・おむつ替え施設 マップ検索サイト ママパパマップ
fotowaで撮影した家族写真が素敵すぎるので見て欲しい!お洒落なロケーションフォト事例 ニューボーンフォトやハーフバースデー、1歳のお誕生日… 上の子が生まれてからずっと、プロのカメラマンさんに我が子の写真を撮...
ABOUT ME
みぞれ
みぞれ
2歳の息子と0歳の娘を育てています。 美容師をしていましたが、出産を機に専業主婦に。 子供が小さいので常に余裕がなく、いかにして家事の手を抜くかが課題。 産後ダイエットもぼちぼちはじめました。