子連れでおでかけ

赤ちゃん連れピクニックのススメ。月齢はいつからOK?持ち物や気を付けたいポイントは?

こんにちは。カリスマずぼら主婦のhanacoです。

hanaco
hanaco
月齢の低い赤ちゃんがいると、どうしてもお出かけの行き先や遊びに行く場所が限られてきてしまいますよね。

そんな赤ちゃん連れのお出かけに、ぜひおすすめしたいのがピクニック!お天気のいい日のピクニックはママやパパのリフレッシュにもなりますし、赤ちゃんも案外機嫌よく過ごせたりしますよ!

今回はピクニック初心者さんに向けて、赤ちゃんと一緒のピクニックの持ち物や気を付けたいポイントなどをご紹介していきたいなと思います♪¥

赤ちゃん連れピクニック、いつからOK?

うちの息子は生後3ヵ月でピクニックデビューをしました。

まだお座りもできませんし、寝返りもできなかったので芝生にレジャーシートを敷いてごろんと寝かせていましたが気候も穏やかだったのでとても機嫌よく過ごすことができました◎

外気浴やお散歩にもなれてきた生後2,3か月ごろになったら、紫外線が強すぎない気候の穏やかな日を選んでピクニックをしてみるのがおススメです。

月齢の低いうちはなるべく近所で芝生のある公園を選ぶようにするといいですよ◎

あまり長時間外にいると飽きてしまったり、ぐずってしまうかもしれませんが、近所ならすぐに撤収できるのでハードルが低くてチャレンジしやすいかなと思います。

寝返りやお座りができるようになってくると、ほかの遊んでいる子供たちを目で追うようになったり、よりピクニックを楽しめるようになってきます(^^)

離乳食がはじまってからのピクニックも◎

離乳食が始まる5~6ヵ月の時期も、離乳食のタイミングなどの兼ね合いでなかなかお出かけができないな~と感じるかもしれません。

そんなときは離乳食をお外で食べるのがとってもおススメです。

大人も、お外で食べるとごはんが一層美味しく感じますよね。お外で食べれば赤ちゃんもご機嫌に離乳食を食べてくれるかもしれません。ママにとってもリフレッシュになります!

hanaco
hanaco
赤ちゃんがなかなか離乳食を食べてくれなくて辛い時に、一度ピクニック離乳食を試してみるのもいいかもしれません

持っていく離乳食は、衛生面を考えると手作りよりも温めなくても食べられるレトルトパウチがおススメですよ!洗い物も少なくて、ママもラクができます◎

【100均】離乳食期のおでかけがぐんと楽に!痒い所に手が届く『レトルトパウチスプーン』赤ちゃん連れのママ必見!100均で見つけた「レトルトパウチスプーン」があれば、離乳食期のお出かけや外食のハードルはぐっと下がる!絶対買いな理由を紹介します!...
【6・7ヵ月】急に離乳食を食べなくなった…食べない理由&理由別の対策まとめこんにちは、カリスマずぼら主婦のhanacoです。 離乳食初期の2ヵ月間。とくにつまづくこともなく順調に進んでいたはずだったのです...
【8・9ヵ月】離乳食を食べない…!食べない理由と理由別の対策まとめこんにちは。カリスマずぼら主婦のhanacoです。 以前息子が6~7ヵ月の頃に離乳食を食べなくなった時期がありました。そのときの主な原...

必要な持ち物は?

赤ちゃん連れのピクニックには、大人だけで行くときよりもしっかりと準備をしていく必要があります。オムツやミルクなどのお世話グッズはもちろん、それ以外のピクニックならではの必須アイテムと、あったらいいな!なアイテムをご紹介します!

レジャーシート

これは必須アイテムです!

最初は赤ちゃんも寝ているだけですが、徐々に動き回るようになってくるので大きいサイズのレジャーシートを購入しておくことをお勧めします。

子供が大きくなってくると、レジャーシートがどんどん狭く感じます。笑

ちなみにコールマンのレジャーシートは、表面が起毛素材で肌触りがいいうえ、裏面は湿気に強いPVC仕様のため赤ちゃん連れピクニックにはおススメです。ループがついているのでペグでの固定もできて、風で飛びにくいのも嬉しいですね。

 

 

テント・サンシェード

赤ちゃん連れだからこそ、あったら便利なのが小さめなテント・サンシェード。気軽に持っていけるようなコンパクトなものがひとつあると、赤ちゃんが眠ってしまった時や日差しが気になるとき、おむつ替え時などにも使えます!

ポップアップ式なら設営の手間もなく、だれでも簡単に使うことができます。軽いので持ち運びも楽々で、気軽に持っていけるので重宝しますよ◎

hanaco
hanaco
また、フルクローズのできるものならば授乳やおむつ替えもできるので低月齢の赤ちゃん連れにおすすめです。

 

 

UVカット機能付きの帽子

 

暑い日でなくても、外で過ごすときに気を付けたいのが紫外線。

真夏などの特別暑い日ではなくても、春先などは意外にも紫外線が強いことがあります。

デリケートな赤ちゃんのお肌は、紫外線によって炎症を起こしてしまうことも。しっかりと対策をしてあげましょう。

 

 

赤ちゃん連れピクニックで気を付けたいこと

必須アイテムも準備OK!さあ、ピクニックへGO!でもそのまえに!

赤ちゃん連れだからこそ気を付けたいポイントをまとめておきます。楽しいピクニックのはずが大失敗なんてことのないように、しっかり確認しておきましょう。

①紫外線&虫さされ対策

夏だけでなく、公園にはオールシーズンたくさんの虫が!

大人が刺されても大したことのないような虫でも、赤ちゃんが刺されると大きく腫れてしまうこともあります。紫外線も、晴れの日だけではなく曇っている日でも意外と強いんです。

大人にとっては大したことのない虫刺されや紫外線も、赤ちゃんにとっては強い刺激になります。

新生児から使用できるアロベビーのアウトドアミストなら、お肌にも優しく、虫刺され対策と紫外線対策が同時にできますし、日常的に使用できるので一つ持っておくと安心ですよ。

 

⇩アウトドア向けの効き目しっかり目な虫除けの紹介もしています

赤ちゃん・子供の虫除けに新成分【イカリジン】がおススメな理由!気になるポイントまとめこんにちは。カリスマずぼら主婦のhanacoです。 前回前々回と虫除け関連の記事を書いてきましたが、今回は新成分「イカリジン」につ...

家の中にいるときとは違い、季節や気温の影響をもろに受けますから、いわずもがな暑さ&寒さ対策は必須です。

太陽の下にいると気温以上に暑くなることもありますし、風があると気温よりも肌寒く感じることもあります。

赤ちゃんは体温調節が苦手ですから、脱ぎ着のしやすい服装で過ごしやすいように調節してあげましょう。首の後ろに触れて、汗ばんでいたら着せすぎです!

また、やはりこの面でもサンシェードやポップアップテントがあると安心ですね。

③授乳やおむつ替えなどの場所の確認

普段しているお世話も、外出時にスムーズに行えるようにしたいですね。

近くの授乳室やおむつ替えのできる場所の確認は、お家を出る前に確認しておくのがおすすめです!

車でお出かけする場合は車の中で済ませることもできますが、やはりこれもサンシェードやポップアップテントがあると解決できたりします。やっぱりあると便利~

 

そして、場所や駅名などから近くの授乳室やおむつ替えできるスポットを検索できる無料のアプリ「ママパパマップ」もダウンロードしておくと安心ですよ◎

授乳室もおむつ替えも検索!お出かけの心配事は【ママパパマップ】で外出がぐんと楽になる!こんにちは。カリスマずぼら主婦のhanacoです。 今回は、便利グッズではなく便利アプリを紹介します! リアルにわたしも使っているめ...

 

まとめ

毎日の赤ちゃんのお世話で、ママは知らず知らずのうちに疲れやストレスが溜まってしまいますよね。

そんな育児のストレスや、同じことの繰り返しによるマンネリ解消にもピクニックはとってもおススメ!

晴れた空の下で食べるとなんでも美味しく感じますし、日光浴をすると心もなんだか穏やかになりますよ~◎おにぎりやお弁当を持っていけば、お金もかけずに楽しめます!

気軽に近場でリフレッシュできて赤ちゃんも楽しめる公園で、週末はピクニックにお出かけしてみませんか?

息子7ヵ月のピクニック時。お外で食べる赤ちゃんおせんべい美味しいね〜
あわせて読みたい