子育てコラム

【6・7ヵ月】急に離乳食を食べなくなった…食べない理由&理由別の対策まとめ

こんにちは、カリスマずぼら主婦のhanacoです。

離乳食初期の2ヵ月間。とくにつまづくこともなく順調に進んでいたはずだったのですがゴックン期⇒モグモグ期への移行でちょっとずつ角切り野菜を入れ始めたころから急に離乳食をあまり食べてくれなくなりました。

これまでは基本的に完食してくれていたのに、5口目くらいで泣き出してしまう息子。

「離乳食 食べない」「離乳食 食べなくなった」「7ヵ月 離乳食」

などで検索するも、

「無理に食べさせる必要はない」

という結論が多く…

hanaco
hanaco
いや、でもなんで食べないのかが知りたいんじゃい!

というわけで、あれこれ試しながら食べない理由を探ってきました。

そしてわかってきた原因(息子の場合)と、こうしたら食べてくれた!という打開策をご紹介します!同じように悩むママの参考になったら嬉しいです。

食べない理由として考えられること&理由別の対策

お腹がすいていない・お腹がすきすぎている

ミルクや母乳が好きすぎて、たくさん飲んだからお腹がいっぱい!という場合や、反対にお腹が空きすぎていてはやくミルク・母乳を飲みたい!と離乳食を嫌がることがあります。

2つは正反対のようですが、どちらも時間をずらしてみることで食べるようになるかもしれません。離乳食前後のミルク・母乳の時間を考えて、食べてくれるタイミングを探ってみましょう。

固さや大きさ、食感や味などが口に合わない

口の中にいれたあと、なかなか飲み込めずにいるときは固すぎたり、大きすぎたりする可能性があります。この時期はいろいろな食感のものを与えながら様子を見たり、時には柔らかいペースト状のものに段階を戻しながら試すのもいいかもしれません。

個人的におススメなのは、市販のレトルト離乳食を取り入れてみること!

いつも同じようなメニューになりがちでマンネリ化してしまっている場合、赤ちゃんにとってもママにとってもレトルト離乳食はちょっとした刺激になります。

どれも赤ちゃんが食べやすいようにおいしく作られているので、ママもぜひ味見してみましょう!味や食感、野菜の大きさなどなど、赤ちゃんが食べてくれるように研究して作られていますから離乳食づくりの参考になりますよ◎

歯が生えてきていて食欲がない

うちの息子はこれでした!

指を口に突っ込んだままいつまでもモグモグしていてなかなか口を開いてくれなかったり、食べ始めてすぐにぐずり始めたり。

それはもしかしたら「歯ぐずり」かもしれません。

歯ぐずりによって「食欲がなくなる」ということもあるので、心当たりのある方はお口の中をチェックしてみてください。にょきっと歯が出てきているか、出ていなくても歯茎に触れてみてゴリっと固いものがあれば歯ぐずりの可能性があります。

この場合は赤ちゃんもむず痒さでイライラしているかもしれませんから、無理に食べさせたりせず、欲しがる分だけ与えて様子をみましょう。

歯ぐずり対策については別記事にもまとめているので、参考にしてみてくださいね。

【生後7ヵ月】授乳中に噛む、夜泣き、離乳食を食べない。それ全部「歯ぐずり」が原因かも!実体験&対策とおすすめ歯固め4選はこれ!こんにちは、カリスマずぼら主婦のhanacoです。 生後7ヵ月、いままで基本的にはご機嫌ボーイだった息子が突然こーんな困ったちゃん...

そもそもごはんに興味がない

そもそもミルクや母乳が大好きで、ごはんなんて食べたくないし興味がないというタイプ。

興味もないし好きでもないのに、次から次へと新しいものを食べさせられてうんざりしているかもしれません。 赤ちゃんの気持ちになったら、まぁ無理もないですがママ的には一生懸命作ったご飯を残されると悲しいですよね。

そんなミルク&母乳大好きタイプの子には「ごはんって楽しいよ!」ということを感じさせてあげるといいかもしれません。

ママやパパがおいしそうに食べている姿を見せてあげたり、場所を変えてみたら案外食べたりすることもあります。おすすめ方法としては、

  • ピクニックにでかけてお外で景色を見ながら食べさせてみる
  • 飲食店やフードコートなど、いろんな人が食事している場所で食べさせてみる
  • 祖父母やお友達のお家、支援センターなどでみんなと一緒に食べてみる

これらは全部息子には効果が絶大で、すべてのシチュエーションで完食しました。レトルトパウチタイプの離乳食なら温めずにそのまま与えることができるものもあるので、そういったものを持ってお出かけしてみると気分転換にもなりますよ!

赤ちゃん連れピクニックのススメ。月齢はいつからOK?持ち物や気を付けたいポイントは?こんにちは。カリスマずぼら主婦のhanacoです。 そんな赤ちゃん連れのお出かけに、ぜひおすすめしたいのがピクニック!お天...
子育て支援センターや赤ちゃん教室に行ってみて感じたメリットこんにちは。カリスマずぼら主婦のhanacoです。 わたしは最近10ヵ月になった息子を連れて、週に3日ほどは子育て支援センターや地域の...

他にあまりお勧めはしませんが、いつも遊んでいるお部屋でEテレを流しながらあげてみたらパクパク食べてくれたこともあります。笑

その子によって性格もありますから、どれに効果があるかどうかはわかりません。気が向いたらひとつづつ試してみてください。

hanaco
hanaco
もしかしたら食べてくれるかも!

ママが食べさせることに必死になりすぎて、赤ちゃんにとって〝楽しくない、嫌な時間”になってしまったら本末転倒です。「食べなくてもいいけど、一口食べてみる??」くらいの気持ちでチャレンジして、もし食べてくれたらたくさん褒めてあげましょう。

息子
息子
褒められたらうれしいよ

それでもダメなら、思い切って2~3日中断してしまってもいいかもしれません。再開したら案外あっさり食べてくれることもありますよ!

まとめ

献立を考えて、食べやすいように工夫して、冷凍ストックを作って、離乳食カレンダーを作って…

離乳食をなんとか食べさせようとすればするほど、食べてくれずにお残しされたときに悲しく、むなしくなります。否定されたようで、自信も無くなってきてしまいますよね。

でもこの時期の赤ちゃんはまだまだごはんの練習中。最悪食べなくても問題ありません!

とはいえできれば食べて欲しいし、心配だし、食べない理由は知りたいですよね。

個人差や、その子その子の性格によるところも大きいためハッキリとした正解がないのが難しいところです。決定的な理由があるかもしれないし、ただただ気分が乗らないだけかもしれません。

頑張っているママほど思い詰めて悩んでしまいますが、ママが一生懸命になりすぎて離乳食を楽しめなくなってくると、赤ちゃんも同じように楽しくなくなってしまいます。

hanaco
hanaco
時にはレトルト離乳食を使ったり、場所を変えてみたり、手を抜くことも大切です。長い目で見て、その子にあった食べ物や食事スタイルを見つけて「ごはんってたのしい!」と思ってもらえたら嬉しいですね。

 

あわせて読みたい