子連れでおでかけ

夏休みは「ナイトズーラシア」で夜の動物園を楽しもう♪楽しむコツや持っていくと便利なものまとめ

こんにちは。カリスマずぼら主婦のhanacoです。

先日、息子を連れてナイトズーラシアに遊びに行ってきました!ナイトズーラシアに行くのは2度目だったのですが、夜の動物園という非日常空間にわくわく!普段はみることのできない夜の動物たちの姿を見ることができてとても楽しめました◎

そんなナイトズーラシアですが、楽しむためにいくつかコツがあるのでここにまとめていきたいと思います。これから行ってみたい!という方の参考になれば嬉しいです!

ナイトズーラシアって?いつ開催されるの?

ナイトズーラシアは、「よこはま動物園ズーラシア」で毎年8月の毎週土・日限定で閉園時間が夜20:30に延長され、特別なイルミネーションやナイトバードショー、ランタンのワークショップ、フードワゴンや屋台などがならぶ夜市などが開催されるイベントです。

hanaco
hanaco
普段の開園時間は16:30までなので、通常みることのできない「夜の動物たちの姿」を見ることができます!

暗くなった園内をイルミネーションが照らす不思議な雰囲気は、非日常感たっぷり!

大人も子供も思わずわくわくしてしまいます!

「ナイトズーラシア」のみどころ!

フォトジェニックに装飾された「ズーラシア夜市」

ナイトズーラシアといえば、やっぱり夜市!「ころころ広場」で行われます。

普段はキリンとゾウのオブジェのある広い広場ですが、ナイトズーラシアの期間中はここに屋台やフードワゴン、ヨーヨー釣りやフェイスペイントなどのお店が並びます。

さらにお洒落なデコレーションで、フォトジェニックな空間になっています◎

息子
息子
お祭りって感じで楽しいね!

毎年出店するフードの内容は異なりますが、2019年は本格石窯ピザやハワイアンフード、ケバブ、台湾まぜそば、ジャークチキン、洋食、ハンバーガー、タコライスなどなどいろんな国のフードが集まっていました!さらにかき氷、クレープ、タピオカなどのスイーツもあってついつい目移りしてしまいます…!

食事スペースは外に設置されたテーブルとイスのほかに、隣接する屋内施設「ころころロッジ」内で食べることも可能です。ベビーチェアはないので、小さなお子様連れの場合はチェアベルトがあると便利!

夜市ではお酒を飲みながらのんびりする方も多く、回転率はかなり悪め。テーブルはかなり争奪戦ですので、レジャーシートなどを持って行って芝生でピクニックスタイルもおススメです!

hanaco
hanaco
18時以降はキッチンカーも飲食スペースもかなり混雑してくるので、早めに食事を済ませてから園内を回ると効率がいいかも。

●お腹は空かせていこう!

●18時以降はかなり混雑するので、食事は早めに済ませるのがおススメ

夜ならではの動物たちの様子を観察しよう!

普段は夕方までしか滞在できない動物園。

昼間はあまり動き回らない動物が、夜になるととても活発に動き回る様子を見ることができるのがナイトズーラシアの醍醐味でもあります!

「飼育員のとっておきタイム」ではおやつ・餌やりや飼育員さんによる動物に関する豆知識などのガイドを聞くことができます。ナイトズーラシアならではのお話が聞けるので、ぜひ気になる動物のとっておきタイムが何時なのか、事前にチェックしておきましょう!

ZOOランタンを作ろう!ワークショップ

夜市が行われる「ころころ広場」に隣接する屋内施設「ころこロッジ」では、実際に明かりをともすことのできるランタンを手作りできるワークショップが開催されています。

参加費は500円。透明のカップに好きな絵を描いてデコレーションしたら、世界にひとつのランタンの出来上がり!お絵かきのできるお子様はぜひ参加してみてくださいね♪

息子
息子
暗闇を歩くナイトズーラシアでは、この明かりがとっても綺麗なんだ!

ナイトズーラシアを楽しむ3つのコツ

まわる場所を園内のどちらか半分に絞ろう!

ズーラシアは園内がとても広く、敷地の端から端(正門から北門まで)はかなりの距離があります。全部を見ようとすると本当に1日かかってしまうほど。

ナイトズーラシアは16:00~20:30という限られた時間内のため、欲張らずにマップの半分から左側(正門側)か半分から右側(北門側)に絞ってしまうのがおススメです!

hanaco
hanaco
夜の園内は暗さと混雑で歩きにくく、全部見るのは無理かも…

夜市が行われる「ころころ広場」は園のだいたい真ん中に位置していますので、見たい動物が正門側と北門側のどちらに多いかで決めましょう。車で行く場合は、「正門側」と「北門側」の駐車場がありますから、どちらか決めたほうに停めるようにしましょう!(帰りに駐車場を間違えないように注意しましょう…なんせ遠いので間違えるとかなり悲惨です!)

息子
息子
ゾウさんが見たかったら正門側、キリンさんがいるのは北門側だよ

もしも全部の動物が見たい!というのであれば、昼間の時間から入園してじっくり周るのもありですね♪8月の昼間はとっても暑いので、熱中症に注意して休憩をとりながら楽しみましょう。

光るアイテムを身に付けていこう!

普段昼間営業のみのズーラシア。最低限のライトアップはされていますが、暗い道も多いため特に小さなお子様は見失いやすかったり、他のお客さんにぶつかってしまうかもしれません。

そのため、なにか光るアイテムを持っていくのがおすすめ!

ディズニーランドの光るペンダントなんかでもいいですし、100円ショップで売っているようなぽきっと折ると発光するブレスレットなんかでも十分です!

暗がりでも目立ちますし、子供たちもお祭り気分がアップするのでとってもおすすめです◎

息子
息子
光るアイテムを持って歩いていると、とってもきれいだよ!

レジャーシートを持っていると効率UP

さきほどもちらっと触れましたが、夜市が行われるころころ広場にはたくさんのキッチンカーが出店しているため、たくさんの人で賑わいます。

そのため時間帯によってはなかなか食事スペースであるテーブルを確保するのが難しく、かなり待つことになるかもしれません。

限られた時間を効率よく過ごすためには、念のためにレジャーシートを持っていくのがおすすめです!

芝生のエリアがかなり広くなっているので、テーブルが確保できなさそうであればレジャーシートを敷いてピクニックスタイルで食事をとるとスムーズで、動物を見る時間をしっかり確保することができますよ◎

快適な「ナイトズーラシア」で夏休みの思い出作りを!

家族連れのお出かけの定番スポットの動物園ですが、真夏の動物園は暑すぎてかなりハード…と諦めていた方も多いのではないでしょうか。

8月といえど、夕方以降であれば比較的涼しく快適に過ごすことができるので夏休みの思い出作りにとってもおすすめの夜の動物園。

こだわりのデコレーションやフォトジェニックなイルミネーションで彩られた非日常的な空間は大人も子供も胸が高鳴ることまちがいなし!ぜひぜひ家族でお出かけしてみてくださいね♪

あわせて読みたい