子育て便利グッズ

【ベビービョルンONE KAI air VS エルゴオムニ360クールエア】現役ママ目線で徹底比較してみた

 

こんにちは!カリスマズボラ主婦のhanacoです。

息子が生まれる前に頂いた旧ロゴのエルゴオリジナルをずっと使ってきたわたしですが、先日それがぶっ壊れました!

ダメになったのは背中のバックル。

修理も考えましたが、息子が重たくなってきて体の負担も増えてきたことで酷い腰痛に悩んでいたので、今更ではありますが新品抱っこ紐を購入することにしました!

そこで候補に上がった抱っこ紐がベビービョルン 「ベビーキャリアONE KAI air」エルゴベビー「ベビーキャリアオムニ360 クールエア」でした。

この2つの製品を実際に比較してみて分かったこと、違いやそれぞれの良い点を現役ママの鋭い目線でご紹介していきたいと思います。同じように悩んでいる方の参考になれば嬉しいです。

おくるみの定番「エイデンアンドアネイ」がおすすめな理由と使い方7選こんにちは。カリスマずぼら主婦のhanacoです。 イマドキママのほとんどが使っているといっても過言ではないほどのもはや定番アイテム「...

「ベビーキャリアONE KAI air」の基本情報

  • ・メッシュ素材だけで作られ優れた通気性
  • ・新生児から約3歳まで使えます
  • ・4通りの抱っこ、おんぶが楽しめます
  • ・たっぷりショルダーパッドで肩も快適
  • ・日本人の体格を考慮した専用モデル

引用:babybjorn公式

こちらのモデルは、メッシュ素材で作られています。そのためムレが少なく、夏場でも快適に過ごすことができます。

また、インサートやベビーベルトなしで新生児から使うことができて36ヵ月までの期間使用できます。(身長53㎝~100㎝体重3.5㎏~15㎏) 

抱っこは4通りとありますが、「首座り前の対面抱っこ」「首座り後の対面抱っこ」「前向き抱っこ」「おんぶ」の4通りです。(4通りといっても、首が座るか座らないかの違いで分けられている対面抱っこがカウントされているので、実質3通りですかね)

お手入れは40℃までのお水で、ネットを使えば洗濯機もOKです!よだれや汗などで汚れやすいので、お手入れのしやすさは嬉しいですね。

 

「ベビーキャリアオムニ360 クールエア」の基本情報

 

  • 新生児から幼児まで(3.2kg~20kg)成長に合わせて形を変え、前向き抱きにも対応するエルゴノミックシート採用。
  • クロス装着のできる肩ストラップ&腰サポート付きウエストベルト:バランスよく荷重を分散。長時間でも疲れにくい。
  • ヘッド&ネックサポート:首がすわるまで、3ステップでしっかりサポート。
  • 日よけ 風よけ用のフードを内蔵。
  • 専用ポーチ付き:ベビーキャリアに取り付け可能(ベビーウエストベルトとは併用できません)

引用:エルゴベビー公式

こちらもメッシュ素材のモデルです。赤ちゃんって本当に汗っかきですから、やっぱりメッシュは譲れません。

こちらは新生児~4歳まで使用できます。(身長50.8㎝~ 体重3.2㎏~20㎏) ベビービョルンと比較すると、使用できる期間はこちらのほうが長いですね。しかしこちらは原則24ヵ月(体重12.2㎏)まではベビーベルトの装着が必要ということになっています。

そして抱き方のバリエーションは同じく4通りとなっていますが、こちらは「対面抱っこ」「前向き抱っこ」「おんぶ」「腰抱き」(斜めに抱いて、腰に重心をかける抱き方)の4通りです。

さらに対面抱っこに関しては通常の「パラレル装着」(そんな名前だったんだ…)に加えて肩ベルトをクロスする「クロス装着」ができます。クロス装着は、後ろでバックルを止めるのが苦手な人や、なで肩&小柄な方はずり落ちしにくいので快適だと思います。

お手入れはこちらもネットに入れて洗濯機で洗えます!

 

装着の方法で比較してみた

ベビービョルンONE KAIの装着方法

ベビービョルンは、肩ベルトに腕を通した後にバックストラップをかぶるように装着します。そのあとウエストベルトを後ろで止めます。そのあとに赤ちゃんを正面に抱き、セーフティーバックルとヘッドサポートを固定します。

イメージは、大人が完全に抱っこ紐を装着したあとに赤ちゃんを抱っこ・固定という感じです。ベビーザらスの装着解説動画がわかりやすかったので貼っておきます。

ちなみに、ベビービョルンの留め具は通常のいわゆる「バックル」ではなくウエストベルトはかぎづめ状のフックをカチッとひっかけるようにして留めます。なので留めた後にしっかりと留まっているかをひっぱって確認する必要があります。

腰部分の留め具はこんな感じ

 

セーフティーバックルとヘッドサポートは、上からスライドしてカチャっと留めるかんじです。なんだかスマートでカッコイイ!

エルゴオムニ360の装着方法

エルゴは、ウエストベルトを装着したあとに赤ちゃんを抱っこして支えたまま肩ベルトに腕を通してからバックストラップのバックルを止めるのが通常の「パラレル装着」です。

このバックストラップ、身体の固い人はなかなか難しいという方も多いのですが、あらかじめバックストラップを長めに伸ばしておいて、バックルを止めた後に締めると比較的楽に装着できます!

こちらもトイザらスの装着動画がわかりやすかったので貼っておきます!

 

 装着のしやすさでいえば、ベビービョルンに軍配!

実際にどちらも装着してみたのですが、ベビービョルンのほうが装着しやすいなと感じました。慣れてしまえばどちらもさほど大変ではありませんが、ベビービョルンは赤ちゃんの抱っこを下ろす時に肩ベルトを外す必要がないので、エルゴのように肩ベルトとか全部だら~んとならないのがストレスがなくていい!

だら~んの状態で歩いている人も多いですが、結構邪魔なんですよね…背が低いと、地面についちゃったりします。抱っこ⇒ベビーカーへ載せるときとかも邪魔になるので、ベビービョルン方式は個人的に結構好きです!

 

肩ベルト&ウエストベルトで比較してみた!

個人的には、一度痛い目を見ているのでウエストベルトは特に重要ポイントだと思っています。

抱っこ紐選びで見るべきポイントはウエストベルトだ!おさがり旧ロゴエルゴで腰痛が悪化した話こんにちは。hanacoです。 わたしはとても恵まれていて、出産前すでに周りからたくさん抱っこ紐のおさがりをもらうことができました...

 

肩ベルトで比較!

まずは肩ベルトの厚さを見てみます。

左が「エルゴ」右が「ベビービョルン」

 

ちょっとわかりにくいかもしれませんが、左のエルゴは右のベビービョルンに比べて1.5倍ほどの厚みがあります。厚みがある分クッション性があり、その分ややかさばる印象。

 

ウエストベルトで比較!

ウエストベルトはどうでしょう。

これがベビービョルン

 

留め具部分にはクッションがついていないので、一瞬つけたくらいでは気にならないものの長くつけてたら当たるかもしれない。見た目はスッキリしています!

エルゴは幅広で厚みのある腰当クッションがばっちりついています。幅広な分、重さが分散されて負担が最小限に抑えられそう。

光で色が飛んで、色味が実際と違いますが…

 

この幅広の腰当部分が頼もしくもあり、特におんぶしたときにお腹部分がもたつくので見た目がイケてないという意見もあり。(わたしは全然気にならないですけどね)

負担が少ないのはエルゴ。フィット感はベビービョルン

エルゴは、クッションが厚くふかふかに作られていて重さがしっかり分散される印象。DADWAY公式HPでは「ママへの負担が85%減」と謳われていますが、本当にラクです!

長時間抱っこをするならばやはりエルゴが疲れにくいと思います!

 

しかし、エルゴはふかふかに作られている分小柄な日本人が着用すると肩紐が浮いて「ガンダムみたい」になるとよく言われます。笑 (すごくわかる)

このガンダム状態こそが、重さを分散してママへの負担を最低限にしてくれている良さでもあり、これがフィットするとその分重さがまともにかかり、疲れやすくなるわけです。

それでも見た目がすっきりしているほうがいい!というのであればベビービョルンがおススメ!!今回比較しているONE KAI airは日本人の体格を考慮して作られているモデルなので、すご~くフィットします!

いわゆる「ガンダム肩」にならない!

 

hanaco
hanaco
着けている感じもすごくスッキリ、スタイリッシュなので(わたし自身がスタイリッシュじゃないから写真ではそう見えないかもしれないけれど…涙)着けている時のフィット感やカッコよさでいえばベビービョルンのほうが勝っているなぁと思いました。

フェミニン系(?)の服装する人とかでも、ファッションをくずさず違和感なく着用できそう!

hanaco
hanaco
ちなみにベビービョルンはピンクもあってそれがすごくかわいいです。

ベビービョルンONE KAI airは小さくたためる!

比較しながらベビービョルンいいなぁ~と思ったのが、小さくたためるというところ。

動画の手順のようにすると、かなりコンパクトになるんです!

子供が歩き始めて、抱っこの頻度が少なくなってきたときは小さくたためたほうが助かますよね。公園に行ったり、お買い物に行ったとき、行きはよくても帰りに疲れて抱っこをせがまれたときサッと出して抱っこできるし使わない時はバッグに入れて置けるコンパクトさ。

メインでエルゴを使っている方にはサブとしてもかなり推せる抱っこ紐です…!

hanaco
hanaco
抱っこ紐のバックル外しのような悪質なイタズラが話題ですが、後ろにバックルのないベビービョルン抱っこ紐なら防ぐことができますね。

どちらにも良さがあって迷ったけれどエルゴにしました

お洒落でスタイリッシュ、コンパクトなベビービョルンか、とにかく負担が少なく身体がラクなエルゴ。

着けたときの見た目のスッキリ感やフィット感ではベビービョルンがいいな、と思ったのですがわたしはやっぱり肩腰の負担を考えてエルゴにしました!

持ち歩きや、抱っこしていないときはやはりかさばるもの、やっぱり長時間の抱っこでの移動やおんぶをしながらの家事は格段に楽です。

わたしにとってはお値段的にかなり大きなお買い物でしたが、購入して大正解!

 

毎日使うものですし、抱っこが楽だとお世話のハードルがだいぶ下がって心の余裕も生まれます…!いままではなるべくベビーカーに乗せていましたが、前向き抱っこをすると息子が大喜びなので、抱っこでお買い物に行くことも増えました。

今回比較した2つのモデルともにとっても優れていて、個人的にはどちらを買っても間違いないと思います。

hanaco
hanaco
つけたときの見た目なのか、身体への負担軽減なのか、コンパクトさなのか…なにを重視するかによって選べば失敗しないと思います。

これから抱っこ紐をどれにしようか迷っているママさんの参考になれば嬉しいです!

あと、どちらもカラーバリエーションが豊富で6色以上の中から選べるので、最終的には色で選ぶというのも手だと思います。笑

お気に入りの色だと気分がアガりますからね♪最後に厳選したおススメショップさんをご紹介します~!

 

エルゴ オムニ360クールエアはこちらのショップさんがレビュー特典で可愛い星柄の「ヘッドサポートよだれカバー」と「肩ベルトよだれカバー」「天然木のうさみみ歯固め」がついてくるそうで、お得感がすごい…!

ベビービョルン ONE KAI air はこちらのショップさんだと、余った紐を綺麗にまとめられる独自開発のバンドをプレゼントしてくれます!抱っこ紐バンドわたしも欲しい…

 

コスパ最強!人気1位「YISSVIC」を実際に使ってみた!気になる暗視カメラの性能は?こんにちは。カリスマずぼら主婦のhanacoです。 今更ですが、息子が1歳になったタイミングで「ベビーモニター」を導入しました! ...
出産準備なら、まずニトリに行こう!「ニトリベビー」で賢くお洒落に費用もぐっと抑えられるこんにちは。カリスマずぼら主婦のhanacoです。 「お、値段以上!」のニトリに、ベビー用品ラインの「ニトリベビー」というシリーズ...
【赤ちゃんの抱っこで肩凝り&腰痛】辛い痛みに「接骨院」「整骨院」という選択肢。意外と知らない整体との違いは?こんにちは。カリスマずぼら主婦のhanacoです。 ここ半年ほど、ず~っと肩こり&腰痛に悩まされているわたしです。育児って...
夏の抱っこ紐の暑さ対策!おすすめ対策グッズや100均アイテムでできる熱中症予防まとめこんにちは。カリスマズボラ主婦のhanacoです。前回はベビーカーの暑さ対策に関しての記事を書きました。 今回は、抱っこ紐での暑さ...
あわせて読みたい