子育てコラム

電車・新幹線・車・バス好きな子供にオススメの「のりもの絵本」0・1・2歳向け

こんにちは、カリスマズボラ主婦のhanacoです。

1歳半になった息子は、最近はすっかり電車や新幹線に夢中です。

実際に電車に乗ったり見るのはもちろん、電車の絵本や図鑑も大好き!

電車や新幹線が登場する絵本はたくさん読みましたが、なかでも特に息子が気に入って繰り返し読んでいるオススメの絵本と、親目線でもおすすめできる絵本を年齢別にご紹介していきたいと思います。

hanaco
hanaco
我が子への絵本選びで悩んでいる親御さんや、乗り物好きな子へのプレゼント選びの参考になれば嬉しいです!

0歳児向けのおすすめ「のりもの」絵本

「ぶぅぶぅじどうしゃ」(ダイソー)

110円とは思えないクオリティのダイソーのあかちゃんえほん③「ぶぅぶぅじどうしゃ」。カラフルな色使いと繰り返し言葉のリズムがたのしいので、小さな子でも飽きずに読み聞かせできるはず。

hanaco
hanaco
文字数が多くなくシンプルな構成と、全10ページというボリュームも小さいお子様にぴったり!

ペラペラとした紙ではなくボードブック仕様なので、破けたりしないのもうれしいポイントです!小さめなのでお出かけの時にもっていく絵本にもピッタリ!

息子
息子
舐めちゃっても破れにくいよ!

0歳向けと紹介しましたが、息子は1歳7ヵ月現在もこの絵本が大好きです。コスパ良すぎ!!

1歳児向けのおすすめ「のりもの」絵本

「よいしょ はたらくくるま」(三浦太郎)

力持ちなはたらくくるまがたくさん登場する絵本です。ダンプトラックやフォークリフトなどが「よいしょ!」と働きます。絵もシンプルでとても可愛いです。

hanaco
hanaco
息子と一緒に、「よいしょ!」という掛け声と重たい荷物をもちあげる動作を真似しながら楽しんでいます。

「でんしゃガタゴト」(ひらぎみつえ)

電車が駅から発射したり、トンネルをくぐったり、窓の外の景色がくるくる変わったりする楽しいしかけ絵本です。

hanaco
hanaco
最初のうちはしかけを動かしながら読み聞かせていましたが、今では自分でしかけを楽しむようになりました。指先の知育にもよさそうです!

「おべんとうバス」(真珠まりこ)

hanaco
hanaco
お名前を呼ばれたら「はーい!」と手をあげるお返事も、息子はこの絵本で身に付けました。

「のりたいな」(みやまつともみ)

hanaco
hanaco
数あるのりものの絵本の中でも、優しいタッチで描かれたこの絵本はわたしの中では1番お気に入りです。笑 見た瞬間「こういうのを子供に読ませたいな」と思いました。

2歳児向けのおすすめ「のりもの」絵本

「バスのうんてんしゅのエレフさん」(中川ひろたか)

hanaco
hanaco
乗り物自体に興味がいきがちな息子ですが、エレフさんはとてもお気に入りで楽しく読み聞かせができました。

「カンカンカンでんしゃがくるよ」(津田光郎)

hanaco
hanaco
踏切で電車を眺めるのが好きなお子様に、とってもおススメです!

「スーパーのりものえほん」(Benesse)

hanaco
hanaco
読み聞かせというよりはおもちゃ遊びに近いですが、息子はとてもお気に入りです。ここぞというときの一人遊びにもおススメ!

「はっけんずかん のりもの」(学研プラス)

hanaco
hanaco
息子はもちろんですが、わたしや夫も思わず「へぇ~」と言ってしまうような勉強になる内容でした。子供も大人も一緒に楽しめます!

大好きな絵本で、親子のコミュニケーションを!

絵本のよみきかせは、とても簡単で手軽にはじめられる親子のコミュニケーションのきっかけになりますよね。

息子と一緒に本屋さんに行くとどうしてものりもの系の絵本ばかり選ばれがちなのですが、できれば「食育」や「ストーリー」なんかも重視したい…という親心もあり、息子もわたしも満足!を基準に今回のおすすめ絵本を選びました。

おすすめの年齢別にはしましたが、これもあくまでもわたしの主観なので、年齢関係なくぜひ気になった絵本があれば手に取ってみて欲しいなと思います!

あわせて読みたい