離乳食・幼児食とおやつ

離乳食初期の「そうめん」は、食塩不使用の和光堂らくらくまんまが便利!

 

こんにちは、hanacoです!

離乳食初期、おかゆに慣れてきたら次のステップで与えるのはそう!そうめん!

そうめんって、常備している家庭が多いですよね。

 

ところが大人用のそうめんって実は塩分が含まれていて意外と塩っ辛い!

hanaco
hanaco
(めんつゆつけて食べてるときは気づかなかった…)

そうめんを赤ちゃん用に調理するのって大変

そんな塩分を含んだ大人用そうめん。

赤ちゃんにあげるためには、『やわらかくゆでて、水洗いして細かく切る』のですが、簡単に見えてじつは結構大変。

なぜなら最近のそうめんはコシが強いものが多く、ゆでてもゆでても柔らかくならない!(大人が食べるならコシがあるほうがおいしいんですけどねぇ)

しかも水洗いはなんどか繰り返しやらないと、塩が抜けきらない

初期の赤ちゃんにあげるのにはここからさらにすりつぶす工程があるのですが、大人用そうめんは先ほど書いた通り、コシがあってすりつぶしにくい!すり鉢の上で逃げる逃げる…

 

他の野菜とかも用意しなきゃいけないのに、う~んめんどくさい。

hanaco
hanaco
そんなママの負担を軽くしてくれる救世主があった!

「らくらくまんま」はゆで時間4分!食塩不使用!

らくらくまんまのそうめんは、ゴックン期の5か月~幼児期まで使える赤ちゃん用のそうめん。

食塩不使用なので洗う必要ナシ!しかもゆで時間は4分!

簡単すぎ!!!あの苦労はなんだったんだろう…

スプーンですくいやすい長さにカット済み!

 

あらかじめカット済みなので、9か月以降は麺の長さそのままあげられます!

5,6か月ではさらに細かく、7,8か月ごろでは粗く刻む必要はありますが、それでも大人用の長いそうめんを調理するよりも遥かに楽です。

hanaco
hanaco
カットされていることで一度に食べる量を大さじで計ることができて、欲しい分だけゆでられるので無駄がなくこれも助かる!

コシがなく、簡単にやわらかくなる

大人用のそうめんにくらべて簡単にやわらかくなります。

だから離乳食初期のそうめんペーストも作りやすいし、もぐもぐが上手にできない赤ちゃんの離乳食にぴったり!大人用のそうめんはゆでてもゆでてもなかなか柔らかくならないので、本当に使いやすいです。

うっかりご飯を炊き忘れたときにも大活躍

 

これさえ常備しておけば、「ごはんがない!」「炊き忘れた!」なんてときにもササっとゆでれば作れるので、おかゆを作るよりも楽々!

いざというときのためにストックしておくのがおすすめです。

まとめ

はじめたばかりの離乳食、なるべく食べやすく調理してあげることで、よりスムーズに進めることができます。

でも忙しいなか時間をかけて作るのは、ママにとっても赤ちゃんにとっても負担になるもの。長く待たせている間に機嫌が悪くなってしまえば、せっかく作ったごはんを食べない!なんてことも…涙

 

わたしは「らくらくまんま」の存在を知らず、始めの頃は大人用そうめんを一生懸命柔らかく茹で、塩辛くないように何度も洗って調理していました。

hanaco
hanaco
これをもっと早くに知っていたかった!!!

こうやって便利な商品があるのはとっても助かりますし、上手に使っていきたいですね♪

 

らくらくまんまのそうめんは、初期だけでなく、中期や後期になってもアレンジしやすく重宝することまちがいなしです(^^)

 

そうめんに慣れたら、次のステップにやわらかいミニうどんもおすすめですよ⇩

【おうちコープ】「やわらかいミニうどん」で超時短!離乳食期の赤ちゃんにピッタリだったこんにちは。カリスマずぼら主婦のhanacoです。 今まで息子には和光堂の「らくらくまんま」シリーズの乾麺うどんを食べさせていたのです...
あわせて読みたい