子育て便利グッズ

ベビーカー選び!4輪と3輪どっちにする?生活スタイルで選べば失敗しない!それぞれの違いメリット・デメリットを比較してみた

こんにちは。カリスマずぼら主婦のhanacoです。

初めてのベビーカー選び、わからないことだらけですよね…

A型、B型、AB型、3輪、4輪…と、選択肢が多すぎて(お値段もピンキリすぎて)どんなものを選ぶかはものすご~く迷うところ。わたしもものすごく悩みました!そのときの経験や体験を活かし、調べてみてわかったことや使ってみて感じたことをまとめていきたいと思います!

今回はそのなかでも【3輪ベビーカー】と【4輪ベビーカー】を比較していきますので、この2つの選択肢で揺れているママさんの参考にしていただけたらな~と思います!

 

3輪ベビーカーと4輪ベビーカーの大きな違いは?

3輪ベビーカーと4輪ベビーカーという大きなくくりでメリットとデメリットを比べていきたいと思います。あくまでも一般的な違いとして比較していきますが、製品によっては仕様が異なる場合もありますから、購入前にはしっかりとチェックしましょうね!

【3輪ベビーカーのメリット】

●お洒落なデザインで、カッコイイ

●走行性がよく、ガタガタ道も運転しやすい

●小回りが利くので、方向転換も片手でできちゃう

●安定感がある

●ゆったり広々なシート

3輪ベビーカーは、とにかく見た目がカッコイイです!

わたしは最初はそれで3輪ベビーカーがいいなと思っていました。やはり毎日使うものなので、気に入ったデザインであることは大切です。

また、3輪ベビーカーではタイヤが大きく作られているものがほとんどなので多少の凸凹道はものともしません。エアタイヤを採用しているベビーカーならばとくに、軽い押し心地でスイスイ進みます。

また、大きいイメージのある3輪ベビーカーですが実は4輪よりも小回りが利くんです。そのため狭いスーパーやコンビニなどでお買い物するときも方向転換がスムーズです。わたしが使っているベビーカーは片手がふさがっていても簡単に方向転換ができますよ!

hanaco
hanaco
凸凹道や多少の段差をものともせず、安定感のある押し心地は3輪ならではです◎

【4輪ベビーカーのメリット】

●本体が軽いので、片手で持てる

●折りたたんだ時にコンパクトで場所を取らない

●ハイシートのものも出てきている

●対面式↔背面式の両方対応モデルがある

4輪ベビーカーは、なんといっても本体の軽さが一番のメリットではないでしょうか。

3キロ未満のモデルも出ているので、ちょっとした階段ならば片手に子供を抱いたままでもベビーカーの上げ下ろしができてしまいます。

また、折りたたんだ時に場所を取らないので電車やバスの移動時にも安心です。

あとはわたしがいいな~と思ったのは、ハイシートタイプの4輪ベビーカーが多く出てきていること。夏はアスファルトの照り返しでベビーカーはかなり温められるため、ハイシートのように少しでも地面から離してあげると快適さが違うんじゃないかなと思います。

夏以外にも、砂ぼこりなんかも低い位置よりも影響を受けにくいと思います。さらにハイシートのベビーカーは荷物の出し入れがしやすく、容量もかなり大きいのでそこのポイントも高いです。

そして3輪ベビーカーではほとんどないであろう、対面タイプ。これが4輪ベビーカーでは背面と対面のどちらにも対応しているものが多いのもいいですよね。

新生児~首が座るまでは特に、ママから赤ちゃんが見えるのは安心です。首座り~腰座りくらいになると前を向いているほうが赤ちゃんも色んなものが見えて喜ぶので、対面式で使う期間は短いとはいえどちらにもできるのは嬉しいですよね。

 

ベビーカー選びは、生活スタイルで決めると失敗しない

それぞれのベビーカーの特徴をみてみたところで、ここからは実際に使っていくうえで3輪ベビーカーと4輪ベビーカーどちらがおススメか、日常生活を想定しながら考えていきたいと思います。

住居スタイルは戸建て?マンション?アパート?

これは一番に考えるべきポイントだったりします。

例えば、エレベーターのないアパートの2階にお住まいであれば3輪ベビーカーは選ばないほうがいいです。絶対に!

なぜなら3輪ベビーカーはめちゃくちゃ重たいから!ほとんどのものが9㎏~10㎏の重さがあります。

ただでさえ子供もどんどん重たくなるのに、ベビーカーの上げ下ろしまでとなるとお出かけが億劫になること間違いなし。また、上げ下ろししている間赤ちゃんから目を離すわけにもいきませんからやはり片手で上げ下ろしができる4輪ベビーカーが向いているでしょう。

段差のない戸建てや、エレベーター付きのマンションなどにお住まいであれば3輪という選択肢もアリですね!

hanaco
hanaco
段差のある戸建ては、段数にもよりますが要検討です!10㎏のベビーカーはなかなか重たいです

 

移動手段は電車&バス?車が多い?

これもかなり大切になってきます。

電車に関しては、ベビーカースペースが確保されていたり改札も広く作ってあることが多く困ることも少ないですが、やはり混雑時はベビーカーをたたまざるを得ないことも。

3輪ベビーカーに関しては、ママ一人でバスに乗るはちょっと無理かもしれません。段差の上げ下ろしができたとしても、やはりバスのように狭い車内ではベビーカーは畳みやすい4輪のほうが無難です。

hanaco
hanaco
日常的にバスに乗る生活をしているのであれば、ストレスなく畳んだり上げ下ろしのできる軽い4輪ベビーカーがママの負担にならず圧倒的におススメです!

車移動が多いようであれば、3輪ベビーカーでも全く問題ないと思います。慣れてくると車に乗せるくらいならばわたしは子供を抱っこしたまま片手(と、足)でひょいっと載せられます。

 

家の周りの道の状態はどう?

わたしの家の周りは舗装はされているものの、ガタガタ道や坂、ちょっとした段差が多くあります。それも踏まえて3輪ベビーカーにして正解でした!

やはり4輪ベビーカーだと悪路ではガタガタと押しにくいのですが3輪だとビックリするくらいストレスなく進んでくれます。

3輪ベビーカーの重たさはこれまではデメリットとして紹介してきましたが、重たいがゆえにやはり安定感があります。

4輪ベビーカーも使っていくうちに慣れてくるとは思いますが、やはり一度3輪に慣れるとこの走行性の良さはやめられません!

hanaco
hanaco
高尾山にJoieの3輪ベビーカーで登ってみましたが、余裕でした◎
0歳と2歳子連れ&ベビーカーで高尾山頂まで登ってみた!道中レポとおすすめルート&注意点こんにちは。カリスマずぼら主婦のhanacoです。 わたしは山が好きで独身時代はよく山に登っていましたが、妊娠・出産・子育てで最近...

まとめ

それぞれママさんの好みもありますし、軽さやデザイン、走行性などなど どれを重視するかは人それぞれなので一概に「これがいいよ!」とは言えません。

しかし、生活スタイルを考えることで実際に毎日使うことをイメージするとよりリアルに、自分と赤ちゃんに合ったベビーカーがどのタイプなのかが見えてくるんじゃないかなと思います。

わたしはJoieの3輪ベビーカーを使っていて、重さは9kgもありますが、戸建てに住んでいて車での移動が多いため、さほど重さによってデメリットを感じることはありません。

軽いからいい、重たいから悪いというわけではなく、やはり人それぞれに合ったベビーカーを上手に選ぶことが失敗しないベビーカー選びの一番のポイントなんじゃないかなと思います。

 

お気に入りのベビーカーでのおでかけは、赤ちゃんもママも機嫌よく過ごせて毎日が楽しくなりますよ!

迷っているママさんにとって使いやすい最高のベビーカーと出会えますように!

 

「Joie(ジョイー)」と「Airbuggy(エアバギー)」徹底比較!ライトトラックスエアのここがすごい! こんにちは。カリスマずぼら主婦のhanacoです。 今回の記事では、人気の3輪ベビーカーの中でもデザインよしコスパ...
100均「ベビーカー便利グッズ」厳選おススメアイテム7選まとめ【最新版】こんにちは。カリスマずぼら主婦のhanacoです。 今回は、セリア・ダイソー・キャン★ドゥの3つの100円ショップで購入できるベビーカ...
出産準備なら、まずニトリに行こう!「ニトリベビー」で賢くお洒落に費用もぐっと抑えられるこんにちは。カリスマずぼら主婦のhanacoです。 「お、値段以上!」のニトリに、ベビー用品ラインの「ニトリベビー」というシリーズ...
あわせて読みたい