子育て便利グッズ

イライラしたくない!離乳食の「手づかみ食べ」練習を楽にするコツ&アイテムまとめ

こんにちは。カリスマずぼら主婦hanacoです。

今日で息子は11ヵ月になりました!振り返れば大変だったことだらけだけど、子供と過ごす時間って本当にあっという間にすぎていくんですね…しみじみ

といいつつ、今現在わたしが直面している課題の一つが「掴み食べ」です。

手掴み食べで赤ちゃんの発達を促す!メリットは?いつから始める?現役ママおすすめレシピなどこんにちは。カリスマずぼら主婦のhanacoです。 離乳食後期になると、いろいろな人に「手掴み食べはさせたほうがいいよ〜」なんて言...

息子が10ヵ月になったころから始めたのですが、とにかくあっちこっち床まで汚れるし散らかるし辛すぎる掴み食べの練習。食べやすいように工夫して作った離乳食を食べずに皿事投げられる悲しさ…1日3回の食事が辛すぎる毎日です。

hanaco
hanaco
ついついため息がでてしまう…

食べることが上手にできるかどうかは別ですが、やはり息子は「自分で食べたい!」「触りたい!」という気持ちが強いようで、触らせないと癇癪を起して口すら開けてくれなくなります。散らかるのが嫌でやらせてないというママさんもいますが、息子の様子をみてわたしはやっぱりやらせてあげたいなと思い、積極的につかみ食べをさせています。

息子
息子
ぼくは自分でたべたいんだ!さわらせろぉ~~~

とはいえ片付けはやっぱり大変!忙しいママにとっては負担が大きいのは事実です。

そんなハードルの高い掴み食べですが、ちょっとでも片付けをしやすくする方法や便利なアイテムなどを取り入れることでママの負担を減らすことができるんです!

今回はわたしが実際に取り入れている方法やアイテムなどをご紹介していきたいとおもいます。ぜひ掴み食べに悩むママにぴったりの解決策が見つかりますように!

赤ちゃんが離乳食や食べ物をポイポイ投げる月齢別の理由と対策まとめこんにちは。カリスマずぼら主婦のhanacoです。 1歳2ヵ月の息子が、1歳ごろから食べ物を投げることに悩まされてきました。 ...

お片付けを楽にする方法&アイテム4選

①床にはあらかじめ新聞紙などを敷いておく

結構多くのママさんがやっている定番だとは思いますが、やっぱり新聞紙はマストです!

育児本や雑誌なんかには「レジャーシートを敷くのがおススメ」って書いてあったりしますが、レジャーシートじゃ結局拭かなきゃいけないから大変です。汚れ事丸めてポイっと捨てられる新聞紙が最&強!

とはいえうちでは新聞をとっていないので、おうちコープのカタログとか家に入ってくるチラシなんかを捨てずにとっておいて利用しています。これで床の汚れを掃除する手間はかなり時短になりました。

②ひっくり返らない!テーブルにくっつくお皿を使う

我が家ではかなり頻繁に、手を付ける前にお皿ごと投げられることがあったのでその対策に購入しました。お皿の裏に吸盤がついていて、テーブルにくっつくので投げられる心配はありません。

以前はお皿にばかり気をとられてなかなか食べてくれなかったのですが、これを使うようになってからはお皿が投げられないとわかり、その代わりにお皿の中に入ったごはんに集中してくれるようになりました。買ってよかった…涙 自分で食べるようになったら絶対にこういうタイプのお皿があったほうがいいですね。

最初なのでとりあえず何にでもつかえそうなボウルタイプにしましたが、そのうち自分で食べるのがもうちょっと上手になったらプレートタイプも導入しようと思っています。

 

 

うちはベビーチェアにトレーがついているので↑のようなお皿に吸盤のものを選びましたが、トレーがない場合はシリコンマットとお皿が一体になったもののほうがお片付けは楽なんじゃないかなと思います。

 

最初の頃はシリコンスタイで十分でしたが、掴み食べをするようになったら洋服までべったべたになりますよね…その都度お着替えだと、洗濯物も増えて大変!

そんなときに便利なのが、洋服までカバーできるお食事エプロン。立体ポケットつきで、撥水加工がしてあるのでシリコンスタイと変わらずに食べこぼしをキャッチしてくれます。

これなら洋服までカバーしてくれて、お着替え不要になりました~◎襟のところもしっかりフィットするので、隙間から食べこぼしが入り込むこともなくとても快適ですよ♪お出かけ先でのご飯でも、これなら安心…!

長袖タイプもあって、そっちのほうが安心感はありますが子によっては袖口のゴムのきゅっとした感じを嫌がるかもしれません。(息子がそうでした)

 

 

④べたべたに汚れてしまった箇所は、電解水でお掃除!

どんなに一生懸命に対策をしても、絶対にそれなりに散らかりますし汚れるのはお決まり。

テーブルや床、椅子などべたべたになってしまった箇所は「アルカリイオン電解水」でささっと拭いてしまいましょう!

水吹きだけでは綺麗にならないような大抵の汚れはこれ一発でスッキリ落とせますし、界面活性剤(洗剤)が含まれていないので二度拭きも不要。

赤ちゃんのおもちゃにも使えるので、子育てママはひとつは常備しておきたいアイテムです!

なるべく手間を減らして、楽しく手づかみ食べしよう!

もう本当につらくてつらくて仕方のない掴み食べ練習ですが、紹介したアイテムを取り入れてからはお掃除の負担が減ったなと感じます。(それでも大変ですけどね!)

まだまだ下手くそな間はママも頭を抱えることが多いかもしれませんが、繰り返すうちに上手に食べられるようになることを信じて頑張りましょう!

そして、やっぱり赤ちゃんの成長のためにもできるだけ掴み食べはさせてあげたほうがいいなとわたしは感じています。お掃除は大変ですが、汚れにくいような野菜スティックなどでもちょっとずつ自分で食べる楽しさを感じさせてあげられたらいいですね(^^)

あわせて読みたい