子育て便利グッズ

夏の抱っこ紐の暑さ対策!おすすめ対策グッズや100均アイテムでできる熱中症予防まとめ

こんにちは。カリスマズボラ主婦のhanacoです。前回はベビーカーの暑さ対策に関しての記事を書きました。

今回は、抱っこ紐での暑さ対策についてまとめていきたいと思います。

hanaco
hanaco
ただでさえ高い赤ちゃんの体温と、赤ちゃんを抱っこして歩くことでどんどん上昇するママの体温で温めあってしまうので、お互いに汗だくに!地獄!

そんなしんどい夏の抱っこを少しでも快適にして、赤ちゃんの熱中症予防につなげる方法やアイテムをご紹介していきます◎

抱っこ紐の暑さ対策に使えるアイテムはこれ!

メッシュタイプの抱っこ紐

まずは夏向けの、メッシュタイプの抱っこ紐に変えるのという方法があります。

通常の抱っこ紐ではどうしても熱がこもりやすく赤ちゃんの熱が逃げにくいためムレてしまいますが、抱っこ紐自体がメッシュだと、通気性がよく汗っかきな赤ちゃんのムレを防ぐことができます。

対策としてはお金がかかってしまいますが、その価値はあるはず。予算が許せばぜひ検討してみてくださいね。

過去記事で、おススメ抱っこ紐2つを比較しています⇩

【ベビービョルンONE KAI air VS エルゴオムニ360クールエア】現役ママ目線で徹底比較してみた こんにちは!カリスマズボラ主婦のhanacoです。 息子が生まれる前に頂いた旧ロゴのエルゴオリジナルをずっと使ってきたわた...

 

 

日傘をさす

非常にシンプルですが、日傘をさすことで日陰を作り、直射日光が当たるのを防ぎます。

これだけで体感温度はかなり涼しく感じます。片手がふさがってしまうのが弱点ですが、ママと赤ちゃんの紫外線対策にも有効なのでおすすめです。

また、日傘を選ぶポイントは色です!

白よりも黒のほうが紫外線を防ぐことができるといわれています。黒はちょっと…という方には、黄色もおすすめですよ◎

 

 

強い日差しが当たり続けると、ジリジリと熱くなってしまいますよね。その日差し、体温調節の苦手な赤ちゃんには大敵!

そんな日差しから守ってくれるUVカットブランケットは、通気性がよく蒸れにくいつくりになっていて、触れるとひんやりとした肌触りになっているので暑い夏でも快適に使用することができます。

日焼け対策にもなって、暑さもしのげるので夏にもブランケット!」がこれからの子育ての新常識になってきているんです!一つあれば、抱っこ紐にもベビーカーにもチャイルドシートでも使えて安心ですね◎

 

お外でも使えるポータブル扇風機でクールダウンするのも一つの手。

最近はたくさんのポータブル扇風機が登場していますが、風量はもちろん、赤ちゃんに使うものなので安全であることが大切です。

特に網目の小さいものや、指の入りにくいつくりになっているものがおススメです。

 

 

真夏は蒸し暑く、無風の日もあります。

そうなると、もっとしっかりとクールダウンできる保冷シートや冷却パッドがおすすめです。わたしはメッシュのカバー付きクールジェルを使用しています。

子供の背中の部分に保冷剤が来るようにして使用しています。冷えすぎないようにこまめに確認し、冷えすぎる場合は保冷剤を抱っこ紐の外に出したりしています。

 

 

ジェルパッドに関しては、モノにもよりますが最初はひんやりしていても徐々に赤ちゃんの熱で温められてしまう上に通気性も悪く、逆に熱がこもってしまう恐れもありますのでこまめに取り換えるなど様子を見ながら使うようにしましょう!

先日、100均でもよさげなものを見つけました。「クールカバー首元・背中用」!

ポケット部分に保冷剤を入れて使用します。(保冷材は別売り)

生地がほどよく厚めなので、直接保冷剤が肌に当たらずに安全に使うことができます!ベビーカーや抱っこ紐用ではありませんが、108円で買えるので見つけ次第ぜひ購入しておきたいアイテムですね★

これを背負わせるか首元に付けてあげてから抱っこすれば、すこし涼しく過ごせるはず!

(我が家ではベビーカーにも装着しています)

100均でできるベビーカーの暑さ対策に関しても、別記事で紹介していますのでぜひ読んでみてくださいね◎

ベビーカーの暑さ対策・熱中症予防に!赤ちゃんの熱中症対策に使える100均アイテム5選こんにちは。カリスマずぼら主婦のhanacoです。 そして心配なのが赤ちゃんの熱中症。まだ体温調節が未熟な乳幼児は体温が上...
アスファルトの照り返しから赤ちゃんとベビーカーをガード!遮熱シートが100均で簡単に手作りできる★こんにちは。カリスマずぼら主婦のhanacoです。 以前、ベビーカーの暑さ対策について記事を書いているときに気になるアイテムを見つ...

 

まとめ

どんどん厳しくなる暑さ!

大人でもしんどいですが、体温調節機能の未熟な赤ちゃんは大人よりも熱中症になりやすく、のどが渇いたり体調が悪くてもそれを伝えることもできません。

気を付けて様子をみてあげることはもちろん、こまめに涼しいところで休憩をさせてあげたり、長時間炎天下で過ごすようなことをできるだけ避けるなどしながら上手にケアしてあげましょう。

hanaco
hanaco
赤ちゃんを暑さから守り、元気に夏を乗り切るために万全の対策をしてあげましょうね!

 

あわせて読みたい