離乳食・幼児食とおやつ

【BFのレバーで鉄分は補えない!】市販のベビーフードやおやつで「鉄」を補給できるおすすめ商品まとめ

毎日の食事では不足しがちですが、離乳食期の赤ちゃんにとって大切な栄養素「鉄」。

レバーなどに多く含まれますが、調理を手間に感じたり触るのも苦手…というママも多いのではないでしょうか。

そんな、食事で摂取するのが難しい「鉄」を補える市販のベビーフードやおやつなど、積極的に取り入れたいおすすめ商品をまとめてみました!

生後6ヶ月以降は「鉄不足」に気を付けて!赤ちゃんが陥りやすい「鉄欠乏性貧血」って?症状や予防と対策まとめこんにちは。カリスマずぼら主婦のhanacoです。 「鉄不足」「貧血」というと、なんとなく女性に起こりがちなトラブルというイメージ...
離乳食や幼児食で不足しがちな「鉄」を補うおススメの方法や食材・食品まとめこんにちは。カリスマずぼら主婦のhanacoです。 今回は、赤ちゃんに不足しがちな栄養素「鉄」を離乳食や幼児食から摂取するためにお...

BFのレバーに「鉄」はほとんど含まれていない

鉄分を多く含む食材の代表格である「レバー」は積極的に離乳食に取り入れたい食材ですよね!

しかし苦手な方も多く、触るのもちょっとキビシイ!なんていうママさんもいるのではないでしょうか?(わたしです!)市販のベビーフードやレバーペーストで代用しようかな~なんて考えますよね。

現在市販されているレバーのベビーフードは和光堂の「手作り応援」シリーズの簡単!お湯で溶くだけ「鶏レバーと緑黄色野菜」とフリーズドライの「初めての離乳食」シリーズの「裏ごし鶏レバーと野菜」の2種類です。※少し前まで、キューピーの「鶏レバーと野菜のペースト」というものが売っていましたが、現在は生産されていません

しかしこれらは「鶏レバー」という商品名ではあるものの、写真左の「裏ごし鶏レバーと野菜」は小さく(鶏レバー2%以上)、右の鶏レバーと緑黄色野菜には(鶏レバー5%以上)と記載されています。つまり、レバーが含まれているのは製品中のわずかな割合のため、実際にお家で下ごしらえ・調理するレバーの代わりにはほとんどならないんです。

さらにいうと、パッケージの栄養成分表示には「鉄」の項目がありません。理由は鉄分をたくさん摂れるという目的ではなく、赤ちゃんに食材の味を慣れさせるための商品だからです。

そのため、このようなベビーフードのレバーに「貧血予防」や「鉄分補給」は期待できず、あくまでも「食材のの味に慣れさせる」ための味慣らしに与えるものですから、鉄を補うために利用したいという場合は注意しましょう。

「鉄」を比較的多く摂れる市販のおすすめベビーフード

和光堂「緑黄色野菜ふりかけソフト」9ヵ月頃~

9ヵ月頃から与えられる和光堂の「緑黄色野菜ふりかけソフト」は、彩り豊かな国産の緑黄色野菜いりそぼろが入ったしっとり柔らかなふりかけです。

1食分(3g)当たりなんと2.0mgの鉄が含まれています!

これだけの量の鉄が含まれている商品は珍しく、しかもおかゆや軟飯にかけるだけで簡単に毎日の食事に取り入れられる手軽さもとっても有難い…

しかも、カルシウム95mg(1食分)も同時に摂れるので、成長期の赤ちゃんにぴったりですね◎塩分も控えめで、優しい風味になっているので安心して与えられます。ごはんによくなじませてあげるとモソモソしなくて食べやすくなりますよ。

 

「ソフトタイプ」ではない「緑黄色野菜ふりかけ」もありますが、こちらに含まれる鉄は1包あたり1.7mgなので、貧血予防ということであればソフトタイプのほうがおすすめです。

和光堂「WACODO GLOBAL」シリーズの離乳食パウチ

和光堂の離乳食「GLOBAL」シリーズは、7ヵ月ごろからのモグモグ期向け2種類、9ヵ月ごろからのカミカミ期向け2種類、12か月ごろからのパクパク期向け3種類のシリーズ合計7品を通して30種類の食材を体験し、味覚を広げることを目的としています。

和光堂の「グーグーキッチン」シリーズと比べてお値段も約2倍ほどでお高め…と思いましたが、「グーグーキッチン」は80g入りのところ「GLOBAL」シリーズなら120g入りなのでそれも踏まえれば思っていたほど高くもないかも!

そんなちょっと高級志向なこちらのシリーズでは、鉄・カルシウム・ビタミンD・DHAなどの不足しがちな栄養素を補えるというのもウリのひとつになっています。(パッケージ左上に補える栄養が表記されていますね)

中身をお皿に出してみました⇩

グーグーキッチンシリーズよりも、お米の粒や野菜がしっかりしているような気がします。開けた瞬間にすごくいい香りもします!素材の味がする!

この9ヵ月ごろからの「まぐろときのこのまぜごはん」と「豚肉と緑黄色野菜のグラタン(レバー入り)にはそれぞれ1食分120gで鉄が1.7mg含まれていました。

忙しくてベビーフードに頼りがち…というママさんや、普段は手作り派だけどなんだか今日は疲れた!なんて時にはこのシリーズなら栄養もしっかり補えるので罪悪感が少ないですね。笑 ママのおさぼりの味方!

hanaco
hanaco
むしろわたしが自分で作る離乳食よりも栄養満点なのでは…

ドラッグストアやスーパーではあまり売っていませんが、ベビーザらスやアカチャンホンポなどの赤ちゃん用品店で並んでいることが多いです。(店舗にもよりますから、電話などで取り扱いの有無を確認してから行くといいですよ!)

和光堂「赤ちゃんのおやつ+Ca」シリーズ

動物のデザインされたパッケージが可愛い和光堂の「赤ちゃんのおやつ+Ca」シリーズでは、カルシウムだけでなく鉄も比較的多く摂ることができる商品がいくつかあります。以下で一覧にしました!

●「ほうれん草と小松菜せんべい」7ヵ月頃~ (鉄1.0mg)

●「小魚せんべい」7ヵ月頃~ (鉄1.0mg)

●「ミルクウエハース」9ヵ月頃~ (鉄0.8mg)

●「鉄入りビスケット」9ヵ月頃~ (鉄1.0mg)

※いづれも1個装袋当たり

月齢や赤ちゃんの好みに合わせて、食事で摂りきれなかった栄養をおやつで補えるのが嬉しいですね♪

実際にわたしも息子に与えていますが、おせんべいやウエハース、ビスケットなどは自分で握って食べることで距離感や力加減をおぼえる練習にもなり、掴み食べの上達にもつながったなと感じます。(詰め込みすぎたり、つっかえたりすることがあるかもしれないので食べ終わるまでしっかり見守りましょうね)

 

 

そのほかのベビーせんべいにも、鉄やカルシウムが含まれるものがいくつかありましたので、よかったらこちらもチェックしてみてください⇩

1歳幼児に与えるジュースの選び方まとめ~ミニッツメイドや大人用ジュースはOK?~こんにちは。カリスマずぼら主婦のhanacoです。 現在息子は1歳5ヵ月ですが、午前中のおやつや電車でのお出かけ時のグズリ対策にジ...
あわせて読みたい